自律神経失調症の薬

自律神経失調症の薬記事一覧

自律神経失調症の薬のリーゼは、1979年に発売された抗不安薬(精神安定剤)です。5mgと10mgの2種類の錠剤があり、一日の最大投与量は30mgです。リーゼは、不安感を和らげる薬です。うつ病や各種不安障害(パニック障害や全般性不安症害)などの心の病だけでなく、心身症や自律神経失調症、すなわちストレスで血圧が上がったり、心臓の動悸が止まらなくなったり、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛が起こったり、女性...

自律神経失調症とはその名の通りに自律神経に関わる疾患の事で、様々な症状が現われます。この病名は一般的にもよく知られていますが、診断するためのきちんとした基準があるわけではないです。自律神経に何等かの不調があるにも関わらず、症状が各疾患に当てはまらない場合に自律神経失調症と診断されます。この疾患を発症する原因は様々ありますが、代表的なものとしては仕事等によるストレスが挙げられます。自律神経失調症は大...

近年、病気の種類は多様化しており、その中でも精神にかかわる病気は年々増加しています。そのうちのひとつに自律神経失調症があります。自律神経失調症は、特定の原因といったものはなく、人によって様々な要因から発症します。例えば、不規則な生活環境が続いている、生活サイクルが変化した、ストレスがたまっている、性格的にあまり物を言えないなどといったことが考えられます。その結果、精神的な面では、感情が不安定になる...

精神疾患の一つである自律神経失調症は、不規則な生活習慣によって体を動かしている自律神経のバランスが乱れ、その結果として体に様々な不調が起こってしまう病気のことをいいます。内臓や器官の病気ではありませんので、検査をしても特に異常が見られるわけではありません。症状として主に見られるのが、精神的な落ち込みや体の一部が痛むなど、その症状は人により様々です。自律神経の乱れですので、ストレスも色濃く関係がある...

自律神経失調症は視床下部の自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって発症します。自律神経失調症を発症してしまうと様々な身体的不調を引き起こします。例えば、頭痛、めまい、寒気、火照り、躁鬱などがあります。症状が出ても、風邪と勘違いしたりと自覚が難しいのが特徴です。また、他人からも自律神経失調症であると理解されにくく、辛い病気の一つです。ストレスや食生活の偏りなどといった生活習慣的な...

情報社会の現代では、日々多くの情報が飛び交い、一日の情報量が子どもでもかなりな量になっており、誰しもが忙しい毎日を送るようになっています。規則正しい食生活、睡眠時間、運動量を保つことは困難になっており、ストレスを感じながら生きている人が多いです。このような社会において、身体を動かす働きをしている自律神経が乱れてしまい、自律神経失調症と呼ばれる精神の病気にかかる人が増えてきています。自律神経失調症は...

イライラしたり不安になったり、気持ちの浮き沈みが激しく自分でコントロールできない場合は、自律神経失調症の可能性があります。自分で判断するのは良くないため、不安を感じた場合は医療機関やクリニックを受診して診察を受ける必要があります。診察は病気を発見するだけでなく、状態の経過を見るためにも有効なので快適な生活を送るためには必要です。自律神経失調症を抱えている日本人は年々増加傾向にありますが、自律神経失...

自律神経調整剤とは、自律神経失調症の薬物療法で使われる、4種類の薬の中のひとつです。ちなみに、自律神経調整剤のほかには、抗不安薬、睡眠導入薬、抗うつ剤が、薬物療法で使われる薬となります。自律神経調整剤は交感神経と副交感神経のバランスを整える効果がある薬です。体質的に自律神経が乱れやすい人や、比較的軽度な症状の方などに処方されます。「グランダキシン(一般名トフィンバム)」は、交感神経が高まって起こる...

人間の体は、自分自身で動かさなくても、生きていくための活動を続けています。たとえば心臓の鼓動や腸のぜん動運動、発汗などですが、こういった活動を司っているのが自律神経です。そして自律神経には、交感神経と副交感神経とがあります。交感神経は、上記の活動を活発におこなわせる働きをしています。それに対して副交感神経は、上記の活動を控えめにすることで、体を休ませるために働いているのです。そしてこの、交感神経と...

自律神経のバランスが崩れた場合には、様々な症状が現れてきます。動悸や胃腸障害はもちろんのこと、多汗症や慢性的な疲労感などが生じてくるのが特徴です。所謂自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の乱れが原因となっています。従って、この2つの神経の影響を受けている臓器に何らかの異常が現れてくるのが常です。いずれの神経が優位になっているかによって、自律神経失調症の症状は変わってきます。この病気は、多くの場合...

女性は40代半ばあたりから、女性ホルモンが減少し、やがて閉経します。閉経前から閉経後のおよそ10年間は更年期と呼ばれています。更年期はホルモンの乱れやそれに伴う自律神経の乱れから、様々な身体症状、精神症状が現れるので、注意が必要な時期です。治療にはホルモン剤やプラセンタ製剤、漢方薬などが使われていますが、中でも自律神経の乱れに有効とされているのが、自律神経調整剤です。自律神経は活動を司る交感神経と...

自律神経失調症の薬物療法で使われる薬の種類に自律神経調整剤があります。これは交感神経と副交感神経のバランスを整えるものです。元々の体質が自律神経の乱れやすい人や、症状の軽い人に使われます。効果が穏やかで副作用が少ないので、長期間の服用も可能です。一般的に処方される自律神経調整剤は「グランダキシン」と「ハイゼット」の2種類です。「グランダキシン」は主成分がトフィソバムで、交感神経が高まって起こる肩こ...

自律神経失調症は、精神疾患として日本でも広く一般の人まで認知されているものの一つです。自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることにより身体の様々なところで、また精神的にも不調が生じます。しかし、国や医師により自律神経失調症を病気としない場合もあるなど、この精神疾患についてはまだまだ研究の余地がある疾患となっています。自律神経のバランスが乱れると、目にも異常が見られることがあります。その中でも...