自律神経失調症の薬 デパス

自律神経失調症の薬 デパス

自律神経失調症とはその名の通りに自律神経に関わる疾患の事で、様々な症状が現われます。この病名は一般的にもよく知られていますが、診断するためのきちんとした基準があるわけではないです。

 

 

自律神経に何等かの不調があるにも関わらず、症状が各疾患に当てはまらない場合に自律神経失調症と診断されます。この疾患を発症する原因は様々ありますが、代表的なものとしては仕事等によるストレスが挙げられます。

 

 

自律神経失調症は大きなストレスが体や精神に重く圧し掛かる事によって、全身に色んな症状が現われるのです。ストレス以外に考えられる原因としては、寝不足が続く等の生活習慣の乱れ、女性ホルモンの変化等があります。

 

 

自律神経失調症の症状については人それぞれで違いがあり、症状の重さについても個人差があります。代表的な症状として、まずは身体面については全身の倦怠感や頭痛、息苦しさや動悸等が挙げられます。

 

 

次に精神面に関しては、不安や恐怖を強く感じる、集中力や記憶力が低下する等があります。

 

 

自律神経失調症の治療方法に関しては、薬物療法や生活習慣の見直し、カウンセリング等が一般的です。中でも薬物療法はよく行なわれる治療方法ですが、デパス薬が自律神経失調症の治療で用いられる事が多いです。

 

 

デパスとはエチゾラムを主成分とする薬で、脳の中のリラックスを司る受容体と結合するという働きがあります。この働きによって精神がリラックスして、不安や恐怖といった気持ちを和らげてくれるのです。

 

 

自律神経失調症の薬のデパスは経口服用タイプの薬で、大人の場合には1日に3mgを3回に分けて服用するのが基本となっています。ただ症状の重さ等によって服用方法は変わるので、担当医師の指示に従って正しく服用する事が大切です。

 

 

もしあなたが薬の使用に抵抗があるなら、自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<

 

 

 

 

 

自律神経失調症の薬 デパス関連ページ

自律神経失調症の薬 リーゼ
自律神経失調症の薬のリーゼの効果の特徴についてご説明します。
自律神経失調症の薬 ジェイゾロフト
抗鬱剤、自律神経失調症の薬物治療で使用されるジェイゾロフトの効果の特徴についてご説明します。
自律神経失調症の薬 パキシル
自律神経失調症の薬のパキシルの効果の特徴や治療の注意点についてご説明します。
自律神経失調症の薬の処方
自律神経失調症の薬の処方が必要な場合や効果注意すべきことについてご説明します。
自律神経失調症の薬での完治について
自律神経失調症の薬での完治を目指している人のために治療の現状や注意点について説明します。
自律神経失調症の薬の副作用
自律神経失調症の薬の副作用や治療の注意点や禁断症状についてご説明します。
自律神経調整剤とは
自律神経失調症の薬物療法の中で使用されるグランダキシンやハイゼット等、自律神経調整剤についてご説明します。
自律神経調整剤と自律神経失調症
自律神経調整剤の効果について
自律神経調整剤の効果と自律神経失調症との関係や使用上の注意点についてご説明します。
自律神経調整剤と更年期
自律神経調整剤が更年期の方へ有効となる症状と関係についてご説明します。
自律神経調整剤の種類
自律神経調整剤として使用される薬の種類やそれぞれの効果や副作用についてご説明します。
自律神経調整剤と目の充血
自律神経失調症による目の充血と自律神経調整剤の効果との関係についてご説明します。