自律神経調整剤とは

自律神経調整剤とは

自律神経調整剤とは、自律神経失調症の薬物療法で使われる、4種類の薬の中のひとつです。ちなみに、自律神経調整剤のほかには、抗不安薬、睡眠導入薬、抗うつ剤が、薬物療法で使われる薬となります。

 

 

自律神経調整剤は交感神経と副交感神経のバランスを整える効果がある薬です。体質的に自律神経が乱れやすい人や、比較的軽度な症状の方などに処方されます。

 

 

「グランダキシン(一般名トフィンバム)」は、交感神経が高まって起こる、肩こりや頭痛、手足の冷えの緩和、改善に処方される自律神経調整剤であり、副作用として眠気を伴いますので、服用後には車の運転などは控える必要がありますが、重篤な副作用はありません。

 

 

また、「ハイゼット(一般名ガンマオリザノール)」は、更年期に起こる冷えやのぼせ、発汗異常の緩和、改善に処方される自律神経調整剤となります。ハイゼットには、副作用がほとんどありません。

 

 

自律神経調整剤は、自律神経の中枢部分に、直接作用することができる薬です。服用することによって、自律神経のバランスが整うと、さまざまな体の不調が改善されるようになります。

 

 

自律神経調整剤には、前述しましたように、副作用も比較的ありませんので、長期間服用しても安心とされてます。ただし、抗不安薬に比べると、効果はそれほど強くありませんので、自律神経調整剤を2週間以上服用して、症状の改善が見られない場合には、薬の種類を変えたり、抗不安薬が処方されるようになります。

 

 

自律神経調整剤は、精神面での要因が大きいケースでは、あまり効果を期待することはできません。日中に仕事をしていて、抗不安薬の副作用がデメリットのなる人にも処方される薬なのですが、2週間以上服用しても薬の効果が出なければ、担当医師と相談するようになります。

 

 

もしあなたが薬の使用に抵抗があるなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<

 

 

 

 

 

自律神経調整剤とは関連ページ

自律神経失調症の薬 リーゼ
自律神経失調症の薬のリーゼの効果の特徴についてご説明します。
自律神経失調症の薬 デパス
自律神経失調症の薬物療法で用いられるデパスについてご説明します。
自律神経失調症の薬 ジェイゾロフト
抗鬱剤、自律神経失調症の薬物治療で使用されるジェイゾロフトの効果の特徴についてご説明します。
自律神経失調症の薬 パキシル
自律神経失調症の薬のパキシルの効果の特徴や治療の注意点についてご説明します。
自律神経失調症の薬の処方
自律神経失調症の薬の処方が必要な場合や効果注意すべきことについてご説明します。
自律神経失調症の薬での完治について
自律神経失調症の薬での完治を目指している人のために治療の現状や注意点について説明します。
自律神経失調症の薬の副作用
自律神経失調症の薬の副作用や治療の注意点や禁断症状についてご説明します。
自律神経調整剤と自律神経失調症
自律神経調整剤の効果について
自律神経調整剤の効果と自律神経失調症との関係や使用上の注意点についてご説明します。
自律神経調整剤と更年期
自律神経調整剤が更年期の方へ有効となる症状と関係についてご説明します。
自律神経調整剤の種類
自律神経調整剤として使用される薬の種類やそれぞれの効果や副作用についてご説明します。
自律神経調整剤と目の充血
自律神経失調症による目の充血と自律神経調整剤の効果との関係についてご説明します。