自律神経調整剤と更年期

自律神経調整剤と更年期

女性は40代半ばあたりから、女性ホルモンが減少し、やがて閉経します。閉経前から閉経後のおよそ10年間は更年期と呼ばれています。

 

 

更年期はホルモンの乱れやそれに伴う自律神経の乱れから、様々な身体症状、精神症状が現れるので、注意が必要な時期です。

 

 

治療にはホルモン剤やプラセンタ製剤、漢方薬などが使われていますが、中でも自律神経の乱れに有効とされているのが、自律神経調整剤です。

 

 

自律神経は活動を司る交感神経と、休息を司る副交感神経の二つが、状況に応じて切り替るようになっています。

 

 

更年期になり、女性ホルモンが減少すると、ホルモンを司る視床下部が混乱をきたし、同じく視床下部が司令塔の自律神経に影響を及ぼします。その結果、汗が大量に吹き出したり、顔がのぼせたりと、状況に見合わない働きが行われ、不快な症状として現れてくるのです。

 

 

自律神経の乱れによって起こる更年期の症状の中で、自律神経調整剤が更年期の方に有効とされているのは、ほてり、のぼせ、多汗、動悸・息切れ、肩こり、頭痛などの身体症状です。イライラやうつなどの精神症状がなく、身体症状を改善したい場合は、婦人科に相談し、服用を考えてみましょう。

 

 

自律神経調整剤は自律神経をコントロールしている視床下部に、直接働きかける薬です。副作用が少ないので、長期間飲めることがメリットです。

 

 

ホルモン補充療法の場合、乳ガンのリスクが若干上がったり、薬による肝臓の影響を定期的にチェックしなければならず、ハイリスクで補充療法ができない方の場合も、自律神経調整剤が選択されています。

 

 

効き目が穏やでゆっくりと効くのが特徴ですから、あせらず続けることが大切です。更年期を迎える年齢は、子どもの進学や結婚、夫婦関係の変化、介護など、深い悩みを抱える時期でもあります。我慢しないで早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

 

もしあなたが薬の使用に抵抗があるなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<

 

 

 

 

 

自律神経調整剤と更年期関連ページ

自律神経失調症の薬 リーゼ
自律神経失調症の薬のリーゼの効果の特徴についてご説明します。
自律神経失調症の薬 デパス
自律神経失調症の薬物療法で用いられるデパスについてご説明します。
自律神経失調症の薬 ジェイゾロフト
抗鬱剤、自律神経失調症の薬物治療で使用されるジェイゾロフトの効果の特徴についてご説明します。
自律神経失調症の薬 パキシル
自律神経失調症の薬のパキシルの効果の特徴や治療の注意点についてご説明します。
自律神経失調症の薬の処方
自律神経失調症の薬の処方が必要な場合や効果注意すべきことについてご説明します。
自律神経失調症の薬での完治について
自律神経失調症の薬での完治を目指している人のために治療の現状や注意点について説明します。
自律神経失調症の薬の副作用
自律神経失調症の薬の副作用や治療の注意点や禁断症状についてご説明します。
自律神経調整剤とは
自律神経失調症の薬物療法の中で使用されるグランダキシンやハイゼット等、自律神経調整剤についてご説明します。
自律神経調整剤と自律神経失調症
自律神経調整剤の効果について
自律神経調整剤の効果と自律神経失調症との関係や使用上の注意点についてご説明します。
自律神経調整剤の種類
自律神経調整剤として使用される薬の種類やそれぞれの効果や副作用についてご説明します。
自律神経調整剤と目の充血
自律神経失調症による目の充血と自律神経調整剤の効果との関係についてご説明します。