うつ病を唾液でチェック

うつ病を唾液でチェックする方法

うつ病の症状の特徴としては、気分が落ち込んだり悲しい気持ちになったりなどの抑うつ気分をはじめとして興味や喜びを喪失した結果何をする気もならなくなる状態が長期間続くことを特徴とします。原因となっている問題を解決した場合においてもそのような状態が続いてしまいます。

 

 

うつ病がどうして起こるのかについては、まだまだ医学的には研究段階ではっきりと解明されているわけではありません。この病気のやっかいな点としては、外から見た場合には単に気分が沈んでいるだけの状態のときと見分けがつきにくく誤解を受けやすい点にあります。

 

 

うつ病かどうかをチェックするにあたってはいくつかの方法がありますが、最近ではうつ病を唾液でチェックする方法があります。これは唾液を摂取して唾液に含まれる成分からうつ病かどうかを診断する方法です。

 

 

どうして唾液からうつ病かどうかチェックできるかについてですが、強いストレスが人間の身体にかかると副腎皮質と呼ばれる部分からコルチゾールというホルモンの一種が分泌されます。採血することでコルチゾールの血中濃度を計る方法もあります。

 

 

この方法でははっきりと数値に表れやすいというメリットはありますが、しかし検査するのに採血をその度に行うことは採血をする側とされる側両方に負担がかかることになります。

 

 

そのため、代替の方法として唾液からコルチゾールを採取することでうつ病にかかっているかどうかをチェックする方法がとられました。この判断方法のメリットとしては、検査手順が非常に楽で簡単に行うことができる点で優れています。

 

 

また、唾液からストレスの状態をチェックすることもできます。唾液中に含まれるクロモグラニンAと呼ばれる物質は安定性があり副腎皮質からアドレナリンと一緒に放出されます。そのため、アドレナリンがどの程度放出されていたかをを推量しやすいです。

 

 

現在では唾液の採取キットもあり、自分自身でうつ病かどうかをチェックすることも比較的簡単にできます。

 

 

もしあなたがうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<

 

 

 

 

 

うつ病を唾液でチェック関連ページ

軽度うつ病のチェック
軽度のうつ病のチェック方法や病院での治療の注意点などについてご説明します。
新型うつ病のチェック
新型うつ病をチェックするための症状の知識や治療・対策の注意点についてご説明します。
うつ病を血液でチェック
うつ病を血液でチェックする方法における血液中の物質の具体的な内容についてご説明します。
大学生のうつ病のチェック
大学生のうつ病をチェックするための症状のチェック方法や対応の注意点についてご説明します。
精神病のうつ病の診断
精神病の一種であるうつ病の診断の目安となる症状や発症しやすい人の特徴や治療の注意点についてご説明します。
病院でうつ病と診断されたら
病院でうつ病と診断された場合の治療の流れや診断基準についてご説明します。
うつ病の診断と対人トラブルの関係
うつ病の診断材料となる対人トラブルや人間関係の悩みなどの原因と症状の関係についてご説明します。
広島大学のうつ病診断の血液検査について
広島大学のうつ病診断の研究により発表された血液検査の特徴やこれまでの診断方法との違いについてご説明します。