うつ病を血液でチェック

うつ病を血液でチェック

近年、うつ病と診断される人が大人、子ども関係なく増えてきました。うつ病というと、一昔前までは、こころの病についての正しい認識がなかったため、多くの精神疾患の患者さんたちが社会の偏見に苦しんできた背景があります。

 

 

しかし、最近では医療の発展に加えて、メディアで取り上げられる機会も増えたため、一般の人でも理解を示す人が増えてきている傾向が見られます。しかし、やはり一番大切なことはうつ病にならないこと、そしてもしなってしまっても早期に発見し治療を開始することです。

 

 

最近では、うつ病を血液でチェックするだけである程度分かるようになっており、医療機関で検査をしてもらうことが可能です。

 

 

人は自分にとって大切な人をなくしてしまうと、健康を損ねて、最悪の場合寿命すら縮めてしまうということが昔から知られていました。また、うつ病にかかると血液の中にある免疫力が低下するということも分かっていました。ここが血液でうつ病かチェックできるポイントです。

 

 

これはつまり、精神が病んでしまうと体にも不調が起こるわけで、その原因は血液の免疫力が下がってしまうからだと分かってきたということです。

 

 

ここから、実際には血液のどの物質がうつ病と関係しているのかという研究が世界各地の研究所で行われ、ついにリン酸エタノールアミン(PEA)と呼ばれる物質がうつ病になると極端に少なくなるということが判明しました。

 

 

現在では、血液検査でこのリン酸エタノールアミンを調べることで、健常者、パニック障害、適応障害、うつ病をチェックして区別することがおよそ9割ほどの確率で可能となっています。

 

 

病気を完治すると、このリン酸エタノールアミンの値が少なくなっていた人でも、健康な人と同じくらいまで増えるということも分かっています。

 

 

もしあなたがうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<

 

 

 

 

 

うつ病を血液でチェック関連ページ

軽度うつ病のチェック
軽度のうつ病のチェック方法や病院での治療の注意点などについてご説明します。
新型うつ病のチェック
新型うつ病をチェックするための症状の知識や治療・対策の注意点についてご説明します。
うつ病を唾液でチェック
うつ病を唾液でチェックする方法の具体的な内容についてご説明します。
大学生のうつ病のチェック
大学生のうつ病をチェックするための症状のチェック方法や対応の注意点についてご説明します。
精神病のうつ病の診断
精神病の一種であるうつ病の診断の目安となる症状や発症しやすい人の特徴や治療の注意点についてご説明します。
病院でうつ病と診断されたら
病院でうつ病と診断された場合の治療の流れや診断基準についてご説明します。
うつ病の診断と対人トラブルの関係
うつ病の診断材料となる対人トラブルや人間関係の悩みなどの原因と症状の関係についてご説明します。
広島大学のうつ病診断の血液検査について
広島大学のうつ病診断の研究により発表された血液検査の特徴やこれまでの診断方法との違いについてご説明します。