自立神経失調症

自律神経失調症とは

自立神経失調症についてご説明します。この症状はどのような病気であるかを正しく知っている人は少ないのではないでしょうか。実際にどのような症状が起きて何が原因であるかを知らない人はたくさんいます。

 

 

自律神経失調症とは、慢性的な疲労やだるさ・めまい・片頭痛などの症状が見られます。ほかにも不眠・微熱・耳鳴り・手足のしびれなどの全身症状があらわれることがあります。

 

 

また、残尿感や頻尿などの泌尿器系の症状も起こる場合があるのです。これらの症状に悩まされる人たち自身は、病気になる心当たりがないケースが多く突然の体調不良に焦りや不安を感じるといいます。

 

 

体に起こる変化だけでなく、精神面にも症状が起こる場合もあります。主にイライラ・不安感・感情の起伏が激しくなるなど、メンタル面でも辛い病気といえます。

 

 

さまざまな体や気持ちの変化に不安を感じる人は、病院で診察してもらうことで改善策を見つけることができる場合があります。

 

 

息切れやめまいなど体の不調を感じるのに、病院で検査を受けても何も異常が見つからない場合は自律神経失調症が考えられます。自律神経失調症は自律神経である交感神経と副交感神経の働きのバランスが、何らかの原因により崩れてしまう症状です。

 

 

自律神経は体にある様々な器官をコントロールしているため、自律神経のバランスが崩れると器官も正常に働かなくなってしまうので体に不調を感じるようになります。

 

 

不規則な日常生活や普段暮らしている中で行っている何気ない習慣などによって、身体を正常に機能して働かせている自立神経という神経のバランスが崩れてしまう事によって起こって来る症状です。この自律神経失調症を発症してしまうと、色々な身体の不調や精神的な不調なども呼び寄せて招いてしまうので大変注意が必要な病です。

 

 

当サイトでは大阪のかねもと鍼灸整骨院の金本博明さんの自律神経失調症・うつ病・パニック障害治療プログラDVDを紹介しておりますが、この自立神経失調症やパニック障害という症状の場合では、内臓などの臓器・器官が原因による症状ではないことから、たとえ病院やクリニックなどで身体の検査をしてもらったとしても特に異常はありませんと言われてしまうケースがよくありますので大変困ってしまいます。

 

 

自律神経失調症やうつ病などの症状については、ほかにも、体の一部分だけが痛くなってしまったり、身体の具合が悪くなったり、また、理由もないのになぜか精神的に落ち込んでしまいやすくなったりするなど、人によって症状も色々あります。さらに、これらの症状が複数重なってあらわれてくることもよくありますし、症状が出たり消えたりを繰り返していくケースもよくあります。

 

 

自立神経系の色んな種類の自覚症状になるので、症状のあらわれ方が非常に不安定でやっかいなものです。そして、自律神経失調症は、遺伝体質の違い、ひとりひとりの性格の違い、ストレスの感受性の違い、などなど、これらによっても症状の出方がいろいろ違ってきますので、自律神経失調症を治療するにあたっては、心と身体の両面から同時にケアしていく必要があると言われています。

 

 

このように自律神経失調症という症状には様々なパターンがあるため、自立神経失調症の定義や概念もたいへんあいまいで、正式な病名として認められている症状ではありません。つまり、患者さん本人には自覚症状があるにも関わらず、実際に病院やクリニックなどで身体の検査をしてもらっても、とくに異常がみつからないと診断されてしまった場合に、病名をつける事が出来ないため、仕方なく自律神経失調症と診断されるケースが多いようです。

 

 

もちろん病院やクリニックやお医者さんによっては病名として診断する場合もありますが、ほとんどの場合で自律神経失調症という症状については、安易にそのようにあいまいな診断をされるケースも少なくありません。

 

 

また、ここで注意したいのが、そのように安易になんでも自律神経失調症だと決めつけて片付けてしまうと、もし、ガンのように生命を危機に陥れるような重大な病気だった場合に、その重病の早期発見が遅れてしまうことにもなりかねないので、本当にまったく身体のどこにも異常がないかどうかを十分に注意して診断する必要があります。

 

 

もしあなたが自律神経失調症の症状でお悩みなら大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<