パニック障害とは

パニック障害とは

パニック障害についてご説明いたします。

 

 

パニック障害は、仮に100人いるとして、その中で約2〜3人くらいの割合で発症する人が出てくるといわれている病気で、性別の割合では、女性が男性の2倍以上発症していると言われており、発症する年齢としては20歳代前半〜30歳代前半くらいまでの人がパニック障害に発症しやすく、多いと言われています。

 

 

パニック障害は年齢の全体的な範囲としては、10歳代後半から60歳前後までの人が発症しているため、このようにとても幅広い年齢層で発症する傾向にあります。

 

 

パニック障害の原因としては、通常一般的には遺伝的な素因による関与があるのではないかとも考えられていますが、なるべく早期に専門医の診療を受けることが出来れば比較的治りやすい病気とされています。ただ、パニック障害は身体症状が前面に現れやすいという特徴があるので、心臓や脳、呼吸器などの病気ではないかとよく間違えられてしまうこともあります。パニック障害が治らないので、いろいろな診療科や病院・クリニックなどを次から次へと渡り歩いている患者さんも中にはいらっしゃいます。

 

 

このパニック障害が起きているのはどのような状態なのでしょうか。脳の中のノルアドレナリン神経系は、生体が危険にさらされてしまうと判断された場合、警報を発令する役割があるのですが、パニック障害とは、この脳の中のノルアドレナリン神経系の生命危機警報システムが誤作動を起こしやすくなっている状態になっているのです。また、パニック障害は、自律神経失調症の一種とされています。つまり、パニック障害というのは生命の危険がないのにも関わらず、警報が発せられている状態のことで、これによって様々な身体の異変や症状が現れている状態なのです。

 

 

パニック障害の発作を何度も繰り返し、頻繁に予期不安の症状を経験してしまうと、その結果、脳がその状態を学習して対処しようとしてしまい、パニック障害の恐怖から身を遠ざけようとして広場恐怖が起こってきてしまいます。予期不安とはまだ経験もしていないのに不安になってしまったり、過去に体験した恐怖や不安の経験がよみがえる不安症です。また、広場恐怖とは特定の場所や状況を避けようとする恐怖症です。

 

 

パニック障害は、うつ病との関連もあるのではないかと指摘されています。パニック発作、予期不安、広場恐怖、そして二次的うつ病へと症状が移行していくという経過もあると報告されています。

 

 

 

もしあなたがパニック障害でお悩みであれば自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクからご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明のパニック障害改善DVDはこちら<<