神経不安症の治療方法

神経不安症とは

神経不安症とは、端的に言うと、自分の心の中で、自分の周囲の物の全てに対して不安でたまらなくなる自律神経の症状を指します。全般性不安障害とも呼ばれます。

 

 

自律神経不安症は決まった理由がある場合もあるのですが、決まった理由がなくても不安でたまらなくなります

 

 

神経不安症は要するに、自分は人から受け入れられないのではないかという症状に襲われるのです。強い不安やストレスなどが心の中を支配する状況になるので、精神的にかなり追いつめられ、どんどん精神が不安定になっていきます。

 

 

神経不安症など自律神経の症状の原因はじつに様々で、その引き金となる直接の原因としては、
強迫観念や失望感、人間関係の摩擦、などが考えられます。

 

 

自分に自信がないところに職場の人間関係でストレスが加わったりすると、自律神経の不安症になってしまう確率が高まります。また、転職をした場合などで、新しい職場になじめなかったりしても、神経不安症の症状が現れることがよくあります。

 

 

そして、飛行機などの乗り物に対するパニック障害が原因で、自律神経不安症になることも多いです。この場合、自分の深層心理の中に、乗り物を生理的に受け付けないと決めてしまっていることが原因になっているケースが多く、乗り物酔いや過呼吸などの症状が神経不安症として現れます。

 

 

神経症の原因

神経症の原因ですが、神経症の中核には、強い不安感や恐怖、あるいは耐え難いストレスが存在しています。ただ、それがどのように神経症の症状に繋がるのかはまた、よく分かっていません。

 

 

最近注目されている神経症の原因としては、脳の神経伝達物質のセロトニンが関係していると言われています。

 

 

神経症になりやすいタイプは、神経質で心配性な性格の人や、完ぺき主義で、細部にとらわれすぎて全体を大きく捉えられない人、頑固で柔軟性に乏しい人、空気が読めずに周囲の人の気分を害しやすい人などです。

 

 

さらに、潔癖症で自分に自信が無い人、失敗や間違いをすることを過度に恐れる人、依存心が強い人、なども神経症になりやすいタイプの人に挙げられ、こうした性格である人ほど、神経症になりやすいと言われています。

 

 

神経症の原因は、心理的なものが大きく関わっていて、不安神経症などは、特に心理的なものが大きいと言えます。

 

 

神経症の原因で一番考えられるのが、悩みやストレス、ショックな出来事などの精神的原因、そして、過労や体調不良、睡眠不足などによる身体的原因です。これら両方の原因がきっかけで神経症になることもよくあります。

 

 

神経不安症の接し方

病院で神経不安症と診断された方との接し方については症状を抱えた方を理解することがなにより大事です。

 

 

神経不安症の症状の苦しみをわかるのは本人だけなので、ともすれば周りの方々が症状をまったく理解できずに、本人が苦しいのに信じてもらえず、軽くあしらわれてしまったり甘やかすからダメなんだと厳しくさせられたりする事もありますがこのような接し方をしたら神経不安症の症状が悪化しかねません。

 

 

ですので、神経不安症との接し方としては、その人の言う事を信じている、理解している事を症状を抱える人へしっかりと伝える事が大事です。尚且つ、病人扱いや特別扱いをする事なく普通の人と同じように接すると良いです。

 

 

とにかく神経不安症の接し方は症状を抱える人の苦しみをわかってあげる事がなにより大事です。

 

神経不安症にやさしい音楽

神経不安症にやさしい音楽は自律神経にやさしい音楽というCDとしていろいろ販売されています。

 

 

この神経不安症にやさしい音楽はリラックスできるゆったりとした音楽と自然音をミックスしたものが多く、この自律神経にやさしい音楽を聞くことによって落ち着いたり前向きになれたり出来るので自律神経を正常に戻す効果が期待出来ます。

 

 

しかし、どんな音楽もそうですが、ずっと聴き続けているとだんだん飽きてきます。飽きてくると最初に感じた効果が薄くなってきてしまうので神経不安症にやさしい音楽については治療の補助アイテムとして利用するのがいいと思います。

 

 

心療内科と精神科

神経不安症の症状がある場合は病院の心療内科か精神科に行くのが一般的ですが
原因によってどちらに行くべきかが決まります。

 

 

心療内科では身体的疾患の症状の治療をしていますが、精神科は名前の通りこころの症状を治療する科です。

 

 

ですのでご自身の神経不安症の症状が身体的な原因が起因した可能性があるなら心療内科を受け、精神的な原因で起因した可能性があるなら精神科を受診するのが妥当です。

 

 

神経症の治療方法

神経症は、一般的にノイローゼと言う言葉で表されますが、この病気の概念は曖昧です。
最近では、不安障害や不安神経症と言われることも多い症状です。

 

 

神経症は、心因性に生じる心身の機能障害で、悩みやストレスに付随して現れる軽い心身の不調を指します。神経症はストレスのかかり方や不安の感じ方が人それぞれなので、様々な不安症状が現れてきます。日本では、対人恐怖症という神経症が多いのが特徴で治療が必要になります。神経症の不安症状は、精神的症状の1つなのですが、本人の防衛パターンの1つでもあります。

 

 

神経症の治療方法は、一般的には、病院の薬で不安症状を治す傾向が強いです。しかし、これは根本的な神経症の治療法にはなりません。薬で症状を表面的に押さえても、根本原因であるマイナスの癖が治らないからです。

 

 

不安神経症の治療方法で有効とされているのは、森田療法などの精神療法です。不安神経症の根本原因を治療していける方法なので、充分な効果が期待できます。森田療法は、精神科医である森田正馬が開発した神経症の治療法で、他にも対人恐怖、広場恐怖などの恐怖症や、強迫神経症、不安神経症、心気症などの治療法として効果を発揮します。慢性化するうつ病やガン患者のメンタルケアなどの治療方法としても利用されていて、幅広く不安神経症の治療法として活用されています。

 

 

このような森田療法も不安神経症の治療方法として定評があるのですが、当サイトでは大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症改善DVDの効果について実際に確認してますので推薦しています。ご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクからご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<