神経症治療

神経症の治療方法

神経症は、一般的にノイローゼと言う言葉で表されますが、この病気の概念は曖昧です。
最近では、不安障害や不安神経症と言われることも多い症状です。

 

 

神経症は、心因性に生じる心身の機能障害で、悩みやストレスに付随して現れる軽い心身の不調を指します。神経症はストレスのかかり方や不安の感じ方が人それぞれなので、様々な不安症状が現れてきます。日本では、対人恐怖症という神経症が多いのが特徴で治療が必要になります。神経症の不安症状は、精神的症状の1つなのですが、本人の防衛パターンの1つでもあります。

 

 

神経症の治療方法は、一般的には、病院の薬で不安症状を治す傾向が強いです。しかし、これは根本的な神経症の治療法にはなりません。薬で症状を表面的に押さえても、根本原因であるマイナスの癖が治らないからです。

 

 

不安神経症の治療方法で有効とされているのは、森田療法などの精神療法です。不安神経症の根本原因を治療していける方法なので、充分な効果が期待できます。森田療法は、精神科医である森田正馬が開発した神経症の治療法で、他にも対人恐怖、広場恐怖などの恐怖症や、強迫神経症、不安神経症、心気症などの治療法として効果を発揮します。慢性化するうつ病やガン患者のメンタルケアなどの治療方法としても利用されていて、幅広く不安神経症の治療法として活用されています。

 

 

このような森田療法も不安神経症の治療方法として定評があるのですが、当サイトでは大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症改善DVDの効果について実際に確認してますので推薦しています。ご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクからご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<