自律神経失調症のチェック

自律神経失調症とは

自律神経失調症という言葉をテレビの健康番組や新聞記事で目にしたことがある人も多いでしょう。自律神経を失調する症状というのは、具体的にどういうことなのでしょうか。

 

 

まず、自律神経というのは、心臓をうごかしたり、汗をかいたりという循環器、消化器、呼吸器などの動きを調整するために、自分ではコントロールしないで自然に働いている神経のことです。

 

 

自律神経には2種類あって、体が活動しているときや昼間に動く交感神経と安静にしているときや夜に動く副交感神経があります。自律神経失調症とは、この2種類のバランスが損なわれてしまうことを言います。

 

 

ではなぜ自律神経のバランスが乱れてしまうのでしょうか。いくつか原因をあげてみましょう。

 

 

人間関係や仕事上の悩み、生活環境の変化、精神的な疲れによってストレスがたまること、それから寝不足、食生活の偏りなどで生活リズムが乱れること、更年期障害など女性ホルモンの影響、そして性格的なものや遺伝的なものもあります。

 

 

症状としては、めまい、頭痛、吐き気、冷や汗が出る、耳鳴りがする、血圧が激しく上下する、微熱、震え、過呼吸、人間不信、情緒不安定などです。

 

 

人によってある特定の症状が強く出る場合もありますし、いくつかの症状が少しずつ出ることもあります。自分の症状を当てはめて、すぐに自律神経失調症と自己判断せず、まずは病院などで自律神経失調症のチェックや検査を受けましょう。重大な病気と症状が似ていることもあります。

 

自律神経失調症のチェックと診断について

自律神経失調症の症状はどのような病気であるかを正しく知っている人は少ないのではないでしょうか。実際にどのような症状が起きて何が原因であるかを知らない人はたくさんいます。

 

 

自律神経失調症は、慢性的な疲労やだるさ・めまい・片頭痛などの症状が見られます。ほかにも不眠・微熱・耳鳴り・手足のしびれなどの全身症状があらわれることがあります。

 

 

また、残尿感や頻尿などの泌尿器系の症状も起こる場合があるのです。これらの症状に悩まされる人たち自身は、病気になる心当たりがないケースが多く突然の体調不良に焦りや不安を感じるといいます。

 

 

体に起こる変化だけでなく、精神面にも症状が起こる場合もあります。主にイライラ・不安感・感情の起伏が激しくなるなど、メンタル面でも辛い病気といえます。

 

 

さまざまな体や気持ちの変化に不安を感じる人は、病院で診察してもらうことで改善策を見つけることができる場合があります。

 

 

息切れやめまいなど体の不調を感じるのに、病院で検査を受けても何も異常が見つからない場合は自律神経失調症が考えられます。自律神経失調症は自律神経である交感神経と副交感神経の働きのバランスが、何らかの原因により崩れてしまう症状です。

 

 

自律神経は体にある様々な器官をコントロールしているため、自立神経のバランスが崩れると器官も正常に働かなくなってしまうので体に不調を感じるようになります。

 

 

不規則な日常生活や普段暮らしている中で行っている何気ない習慣などによって、身体を正常に機能して働かせている自律神経という神経のバランスが崩れてしまう事によって起こって来る症状です。この自律神経失調症を発症してしまうと、色々な身体の不調や精神的な不調なども呼び寄せて招いてしまうので大変注意が必要な病です。

 

 

当サイトでは大阪のかねもと鍼灸整骨院の金本博明さんの自律神経失調症・うつ病・パニック障害治療プログラDVDを紹介しておりますが、この自立神経失調症やパニック障害という症状の場合では、内臓などの臓器・器官が原因による症状ではないことから、たとえ病院やクリニックなどで身体の検査をしてもらったとしても特に異常はありませんと言われてしまうケースがよくありますので大変困ってしまいます。

 

 

自律神経失調症やうつ病などの症状については、ほかにも、体の一部分だけが痛くなってしまったり、身体の具合が悪くなったり、また、理由もないのになぜか精神的に落ち込んでしまいやすくなったりするなど、人によって症状も色々あります。さらに、これらの症状が複数重なってあらわれてくることもよくありますし、症状が出たり消えたりを繰り返していくケースもよくあります。

 

 

自立神経系の色んな種類の自覚症状になるので、症状のあらわれ方が非常に不安定でやっかいなものです。そして、自律神経失調症は、遺伝体質の違い、ひとりひとりの性格の違い、ストレスの感受性の違い、などなど、これらによっても症状の出方がいろいろ違ってきますので、自律神経失調症を治療するにあたっては、心と身体の両面から同時にケアしていく必要があると言われています。

 

 

このように自律神経失調症という症状には様々なパターンがあるため、自立神経失調症の定義や概念もたいへんあいまいで、正式な病名として認められている症状ではありません。つまり、患者さん本人には自覚症状があるにも関わらず、実際に病院やクリニックなどで身体の検査をしてもらっても、とくに異常がみつからないと診断されてしまった場合に、病名をつける事が出来ないため、仕方なく自律神経失調症と診断されるケースが多いようです。

 

 

もちろん病院やクリニックやお医者さんによっては病名として診断する場合もありますが、ほとんどの場合で自律神経失調症という症状については、安易にそのようにあいまいな診断をされるケースも少なくありません。

 

 

また、ここで注意したいのが、そのように安易になんでも自律神経失調症だと決めつけて片付けてしまうと、もし、ガンのように生命を危機に陥れるような重大な病気だった場合に、その重病の早期発見が遅れてしまうことにもなりかねないので、本当にまったく身体のどこにも異常がないかどうかを十分に注意して診断する必要があります。

 

 

自律神経失調症のチェックと病院について

肩こりや頭痛など、ちょっとした症状が大きな病のきっかけになっていることもありますが、自律神経が乱れているために起きている可能性も考慮しなければいけませんのでその場合は自律神経失調症のチェックが必要です。そこで病院に行くことを考える方も多いでしょう。

 

 

もちろん、病院で検査してもらうことも大切ですが現在は自分で自律神経失調症のチェックを病院以外でも行う事が可能です。

 

 

チェックして自律神経失調症だと分かれば、治療の手段を早く決めることができます。何の病気かわからなければ病院の検査にも時間がかかりますし費用もかかるものです。

 

 

自律神経失調症は、特別な人がかかるものではなくいつ誰に起きてもおかしくないものになります。

 

 

自律神経失調症のチェック自体はすぐに行うことができます。病院に行かなくても、インターネットがつながっている環境があれば今すぐにでも調べることが可能です。該当する項目が多ければ、自律神経失調症の疑いが高くなります。

 

 

本当に自律神経失調症になっているかは、病院で診てもらうまでは分かりませんがチェックした結果を医師に伝えれば治療の役に立ちます。

 

 

きちんと治療を受ければ、症状が軽いうちに自律神経失調症を治せる可能性もあります。チェックしないまま発見が遅れれば遅れるほど、症状が悪化して長期間病院で治療し続けるケースも存在しています。

 

 

多くの場合、ストレスによる影響が強いです。生活環境の変化や個人の性格によってもおこりえます。また、見過ごされがちですがストレスが増えれば子供も自律神経失調症になるのでチェックさせてみることも時には必要です。

 

 

検査や診断に異常がなく、何も当てはまる病気がない場合は、自律神経失調症のチェックを無料でできるHPが沢山ありますので、是非やってみましょう。もしチェックの数が多い場合は、信頼のできる専門の治療院や整体、心療内科を受診しましょう。

 

 

病院に行けば、薬など治療方法がありますので治すことは不可能ではありません。日頃から頑張りすぎている人ほど、自律神経失調症になりやすいので疲れが取れないなどの症状が出てきたら、定期的に自律神経失調症のチェックを行い、場合によっては病院の専門医に相談することも大切です。

 

 

自律神経失調症の症状のチェック

特に原因が思い当たらないのに身体の不調が続き、病院で検査をしてもどこにも異常が見つからないなら、自律神経失調症の症状をチェックをしてみましょう。

 

 

自律神経失調症は全身の器官をコントロールする自律神経のバランスが崩れることで全身の機能に支障をもたらす病気ですが、自律神経失調症をチェックする為の症状は実に様々で、慢性的な疲労感、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、手足のしびれ、不眠ののほか、下痢や便秘、頻尿、残尿感などの症状も報告されています。

 

 

また、イライラや不安、やる気が出ない、疎外感、落ち込み、憂鬱など精神的な症状が現れることもありますのでこれらをチェックします。

 

 

自律神経失調症は一人ひとり症状が違うように、その原因も一人ひとり違います。

 

 

夜ふかしや夜勤などによる生活リズムの乱れ、仕事や人間関係などによる過度なストレス、また、もともとストレスに弱い体質や性格、男性・女性ホルモンの影響など、いろいろな要因が複雑に絡み合って発症することが多い点も症状のチェックで考慮します。

 

 

自律神経失調症といってもいろいろで、大きく4つのタイプに分けられます。

 

 

生まれつきの体質で自律神経が乱れやすい人「本態性型」、心理的な影響を受けやすく、少しのストレスで体調を崩してしまう「神経症型」、そして、最も多いのが日常のストレスが原因で引き起こされる「心身症型」があり、心身症がさらに進んでうつ症状が見られるようになると「抑うつ型」となります。

 

 

自律神経失調症の心身症型は真面目で几帳面な性格の人がなりやすいので、責任感が強く、仕事一筋で真面目に働く男性は症状のチェックに特に注意が必要です。

 

 

自律神経失調症の診療科のある病院などでは、WEBサイトに簡単な質問に答えるだけで自律神経失調症かどうかがわかる症状のチェックリストを載せているので、自分の症状が自律神経失調症かチェックしてみるといいでしょう。

 

 

自律神経失調症のチェック方法

自律神経失調症のチェック方法です。

 

 

まず頭痛や肩こり、だるさなどの倦怠感、など、色々な体調の悪さが自律神経失調症の症状の特徴となっています。そしてほかにも、吐き気がしたりするなど胃腸の調子が悪いのではないのかと感じてしまう事も、自律神経失調症との関連があると考えられています。

 

 

このような体調の悪さをいつも感じてしまうため、検査や治療を受けるために病院やクリニックなどにかかる患者さんの中には、じつに約2〜3割くらいの人が、自律神経失調症であると診断されてしまうという結果になるケースが多いようです。

 

 

このようなケースですと、いくら病院やクリニックを変えて検査をやり直してみても、どうしても心身の不調の原因が分からない場合があります。また、いくら病院で処方された薬を飲んでみても心身の不調の症状があまり変わらないといった場合には、自律神経失調症の可能性がかなり高くなってきていると考えられます。

 

 

また、そのような症状の傾向が見られるかどうかが、自律神経失調症であるかどうかを調べるためのチェックポイントとなります。自律神経に関する異常というのは、対人恐怖やパニック障害など精神的な症状と同じように、神経から来ていると思われますので、他の神経症の場合でも同じような原因ではないかと推測されています。

 

 

ほんのちょっとした頭痛や肩こり、だるさなどの倦怠感、このような体調の悪さ抱えたときに、もしかして大変重大な病なのではないのかと、自ら決めつけてしまい、このような心身の不調をなんとかして自分の意志の力などで変えようとしてしまう人もたくさんいらっしゃいますがこれは問題があります。

 

 

体の肉体的な異常から来る体調の悪さは、無理をせずに病院などで処方された薬を飲むようにすることが大切ですが、自律神経系の異常から来る体調の悪さにおいては、ときには正反対の対応が必要となるケースもありますので注意が必要です。

 

 

神経系の症状の場合はときには前向きに向き合っていくことが大切なのです。そうする中で、体調の悪さに対するとらわれがだんだん薄れてくると、その結果によって、自律神経の異常な症状が改善されていくケースもすべてではありませんが、なかにはあるのです。しかしながら、おそらくここに神経系の症状を克服するためのチェックポイントがあると思われます。

 

 

もしチェックした結果、自律神経失調症だった場合は大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止するとのメールが9/12に送られて来ました。

 

 

 

そこで、他にも大変おすすめのうつ病・自律神経失調症改善プログラムが3つありますので以下のリンクからぜひご覧下さい。

 

 

 

 

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

 

 

・試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。(1年間サポート・全額返金保証付)

 

 

 

・石丸式 東洋医学の自律神経失調症改善DVD