自律神経失調症チェック

自律神経失調症のチェックは無料

自律神経失調症という言葉をテレビの健康番組や新聞記事で目にしたことがある人も多いでしょう。自律神経を失調する症状というのは、具体的にどういうことなのでしょうか。

 

 

まず、自律神経というのは、心臓をうごかしたり、汗をかいたりという循環器、消化器、呼吸器などの動きを調整するために、自分ではコントロールしないで自然に働いている神経のことです。

 

 

自律神経には2種類あって、体が活動しているときや昼間に動く交感神経と安静にしているときや夜に動く副交感神経があります。自律神経失調症とは、この2種類のバランスが損なわれてしまうことを言います。

 

 

ではなぜ自律神経のバランスが乱れてしまうのでしょうか。いくつか原因をあげてみましょう。

 

 

人間関係や仕事上の悩み、生活環境の変化、精神的な疲れによってストレスがたまること、それから寝不足、食生活の偏りなどで生活リズムが乱れること、更年期障害など女性ホルモンの影響、そして性格的なものや遺伝的なものもあります。

 

 

症状としては、めまい、頭痛、吐き気、冷や汗が出る、耳鳴りがする、血圧が激しく上下する、微熱、震え、過呼吸、人間不信、情緒不安定などです。

 

 

人によってある特定の症状が強く出る場合もありますし、いくつかの症状が少しずつ出ることもあります。自分の症状を当てはめて、すぐに自律神経失調症と自己判断せず、まずは病院などで自律神経失調症のチェックや検査を受けましょう。重大な病気と症状が似ていることもあります。

 

 

検査に異常がなく、何も当てはまる病気がない場合は、自律神経失調症かどうかチェックをしてみるといいでしょう。また、自律神経失調症のチェックを無料でできるHPも沢山ありますので、是非やってみましょう。もしチェックの数が多い場合は、信頼のできる専門の治療院や整体、心療内科を受診しましょう。

 

自律神経失調症のチェック方法

自律神経失調症のチェック方法についてです。

 

 

まず頭痛や肩こり、だるさなどの倦怠感、など、色々な体調の悪さが自律神経失調症の症状の特徴となっています。そしてほかにも、吐き気がしたりするなど胃腸の調子が悪いのではないのかと感じてしまう事も、自律神経失調症との関連があると考えられています。

 

 

このような体調の悪さをいつも感じてしまうため、検査や治療を受けるために病院やクリニックなどにかかる患者さんの中には、じつに約2〜3割くらいの人が、自律神経失調症であると診断されてしまうという結果になるケースが多いようです。

 

 

このようなケースですと、いくら病院やクリニックを変えて検査をやり直してみても、どうしても心身の不調の原因が分からない場合があります。また、いくら病院で処方された薬を飲んでみても心身の不調の症状があまり変わらないといった場合には、自律神経失調症の可能性がかなり高くなってきていると考えられます。

 

 

また、そのような症状の傾向が見られるかどうかが、自律神経失調症であるかどうかを調べるためのチェックポイントとなります。自律神経に関する異常というのは、対人恐怖やパニック障害など精神的な症状と同じように、神経から来ていると思われますので、他の神経症の場合でも同じような原因ではないかと推測されています。

 

 

ほんのちょっとした頭痛や肩こり、だるさなどの倦怠感、このような体調の悪さ抱えたときに、もしかして大変重大な病なのではないのかと、自ら決めつけてしまい、このような心身の不調をなんとかして自分の意志の力などで変えようとしてしまう人もたくさんいらっしゃいますがこれは問題があります。

 

 

体の肉体的な異常から来る体調の悪さは、無理をせずに病院などで処方された薬を飲むようにすることが大切ですが、自律神経系の異常から来る体調の悪さにおいては、ときには正反対の対応が必要となるケースもありますので注意が必要です。

 

 

神経系の症状の場合はときには前向きに向き合っていくことが大切なのです。そうする中で、体調の悪さに対するとらわれがだんだん薄れてくると、その結果によって、自律神経の異常な症状が改善されていくケースもすべてではありませんが、なかにはあるのです。しかしながら、おそらくここに神経系の症状を克服するためのチェックポイントがあると思われます。

 

 

もしあなたが自律神経の症状でお悩みであれば自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクから詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<