自律神経失調症の食事やサプリ・ビタミン剤

自律神経失調症の治療の食事

最近では女性も社会へ進出し、仕事をするようになると、今までのやり方が変わったり考え方や教育方針に違いが出て、男女共に精神的ストレスを抱えるようになります。これらの原因から自律神経失調症を起こす人が跡を絶ちません。

 

 

年齢や性別は関係なく、生真面目で責任感の強い人がなりやすいといわれており、治療中でも仕事や家事を休むことなく、日々の生活を送っている人もいらっしゃるようです。そんな忙しい日常生活の中で、自律神経失調症の治療の後押しのために食事をきちんととる方法がおすすめです。

 

 

自律神経失調症の治療で効果のある食材は、乳製品や海藻類に含まれるカルシウムやほうれん草など緑の野菜に含まれるビタミンC、そしてウナギや豚肉などに含まれるビタミンB群といわれる食品です。

 

 

これらの食材には、自律神経をコントロールしてくれる働きがあり、特にカルシウムやビタミンCには、イライラを抑え、ストレス対策や不眠解消の効果が期待できるので食事でとれば自律神経失調症の治療に貢献します。

 

カルシウム食品として牛乳を思いつく方も多いと思いますが、牛乳が嫌いな人や仕事や残業が続いて食べる時間がとれない時は、合間に一口サイズのチーズを食べるのもおすすめです。これらの食材を合わせて簡単に作って食べてもいいですし、どうしても食事を作れなかった時は、コンビニやスーパーで海藻類の惣菜を買ったりするだけでも構いません。

 

 

食事のレシピが分からない時や自分の知っている料理が尽きた時は、ネットのレシピサイトを調べてみましょう。無料で一般の人達が投稿したレシピを閲覧することができるので、冷蔵庫の残り物だけで作ったお手軽レシピを見つけることもできますよ。自律神経失調症の治療のための食事として、一品だけでもいいので、少しずつ作れるように続けるといいでしょう。

 

 

自律神経失調症を食事やサプリで整える

近年のストレス社会では、自律神経失調症の辛い症状に悩まされる方が増えています。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、精神的にも肉体的にも様々な体調不良が出てしまう自律神経失調症。改善には食事やサプリも非常に効果的です。

 

 

まず食事ですが自律神経失調症を改善したい方が採ると良いと言われている栄養素にはカルシウムやビタミン類があります。

 

 

精神面の不安定な症状にはカルシウムが非常に有効となります。カルシウムと言えば牛乳を思い浮かべる方も多いかと思いますが、吸収率を考えると牛乳より小魚や大豆製品がお薦めですが忙しくてなかなか摂れないという方はサプリが便利です。

 

 

またカルシウムと一緒にビタミンDを多く含む椎茸やサプリなども一緒に摂取するとカルシウムの吸収率があがります。

 

 

そして次にビタミン類ですがビタミンには自律神経のバランスを整える重要な役割があります。

 

 

精神状態が不安定なときはビタミンAを含むサプリを摂取したり、食材ならうなぎや卵、また野菜ではにんじんやカボチャ等を食事で摂取すると自立神経失調症の改善に効果的です。

 

 

自律神経失調症を悪化させるストレスにはビタミンCを積極的に採るようにすると精神的にも肉体的にも改善が期待できます。また特に女性はビタミンCによって体内のホルモンバランスを正常に保ってくれるのでお薦めです。ビタミンCのサプリには人口的に生成されたアスコルビン酸ではなく天然ビタミンCのサプリがおすすめです。食事なら果物に多いです。

 

 

このように食事から自律神経失調症の改善に効果的な栄養素を摂取しつつ、足りない部分を補うのに効果的なのがサプリメントです。

 

 

上記の栄養素だけでなく自立神経失調症改善に効果的なサプリはローヤルゼリーやギャバ、高麗人参などです。どれも有効成分により自律神経のバランスを整え、不安定な症状を抑制してくれたり和らげる効果が期待できます。

 

 

毎日、自律神経失調症の辛い症状を少しでも改善出来るように食事やサプリで補うことはとても効果的なので是非積極的に取り入れましょう。

 

 

自律神経失調症のビタミン剤

自律神経失調症は症状が多岐にわたる上に、発症の状況も人それぞれという側面を有した病気です。日常のストレスが発症に深く関わるとされ、年代・性別を問わずに発症の可能性がある事もあり、発症後の日常生活への影響度も高いと言えます。

 

 

症状が更に失調の度合いを高めてしまうという悪循環にも、陥り易いと言えます。こうした病気である為に、患者としては逸早くその症状から解放されたい・軽減したいという考えを抱くものです。

 

 

乱れた神経のリズムを根本的に整えるには相応の時間が掛かりますが、対処療法としては自律神経失調症でビタミン剤の服用も有効と考えられます。

 

 

特に効果が期待されると考えられて医療機関での処方例も多いのがビタミンB群剤です。

 

 

ビタミンB群が不足するとイライラ・集中力の欠如・疲れを感じ易いといった自律神経失調症と酷似した症状が改善される栄養素である事から、ビタミン剤で充足する事によって症状が重複・強化されてしまう事を避ける事が出来ます。

 

 

また自律神経失調症を発症している場合、ストレスの解消の為に甘いものを頻繁に食べる・お酒を飲むといった、代償行為を取りがちです。これらの行動はビタミンB群の大量消費に繋がり兼ねない為、自律神経失調症の治療においては寧ろ悪循環と成りがちです。しかしビタミン剤による補給によって、影響を軽減させる事が出来るという意味でも有効となる訳です。

 

 

しかし、もしあなたが料理をする時間が無かったりビタミン剤に抵抗があるなら、自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクから詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<