自律神経失調症の枕

自律神経失調症の枕について

自律神経失調症の枕については首の神経構造について知ることが大事です。

 

 

脳の指令はまず首を通って、神経が全身に伝える仕組みとなっています。この時重要なことは、首の生理湾曲となります。

 

 

ストレートネックや逆ネックになっていると、神経がスムーズに流れない状態ですので、脳の指令はうまく伝わらず、自律神経失調症の原因となりますので首に良い枕を選ぶべきです。

 

 

健康のために、質の良い睡眠をとることは不可欠です。質の良い睡眠をとるためには、首の生理湾曲をキープして眠ることが重要です。ゆえに、熟睡を得て自律神経失調症を改善するためにも枕が重要になるというわけです。

 

 

首の生理湾曲をキープすることができる枕の高さは6cm〜8cmであり、首の筋肉に負担がない高さとなります。

 

 

枕は適度な硬さがあり、頸椎の生理湾曲に沿った、半円のかまぼこ型が理想の枕の形となります。

 

 

首のコリを枕で改善することによって、自律神経失調症やパニック障害、うつなど、さまざまな不調も改善させることができます。

 

 

首のコリは、万病のもととなります。自律神経は、交換神経と副交感神経からなっており、身体の機能をコントロールしている重要な神経です。その2つの神経のバランスが崩れると、さまざまな不調が心身に現われるようになり、その状態を自律神経失調症といいます。

 

 

交感神経は、ストレスを感じると活発になり、副交感神経はリラックスしてストレスがなくなると活発になります。

 

 

首の筋肉が異常にこっていると、交換神経が活動しっぱなしの状態となります。結果、
自律神経を圧迫してしまい、自律神経失調症状態に陥るというわけです。

 

 

改善させるためには、副交感神経を正常に働かせなければいけません。正しい枕で首の筋肉疲労を取り除き、首のコリを解消させることによって、副交感神経は正常に働くようになります。そして、首コリを解消するために、自律神経失調症では枕が非常に重要だというわけです。

 

かまぼこ枕

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。簡単に言えば、レム睡眠は浅い眠り、ノンレム睡眠は深い眠りです。睡眠の質を高めるためには、後者であるノンレム睡眠をいかに長時間確保するかが重要になってきます。

 

 

ノンレム睡眠、つまり深い眠りを保つのに大事なのが枕選びです。現在様々な形状の枕が販売されていますが、その中でも注目されているのがかまぼこ枕です。

 

 

かまぼこ枕はその名の通り、かまぼこの形をした枕です。かまぼこのアーチ部分が首の湾曲にぴったりフィットすることによって、無理のない姿勢で眠ることができるのです。

 

 

 

最近ストレスが溜まって精神的につらいという人は、かまぼこ枕を使用して睡眠の質を高めると良いでしょう。

 

 

近年増えている病気の一つとして挙げられるのが、自律神経失調症やうつ病などの精神疾患です。その原因の多くがストレスであるとされています。

 

 

毎日忙しく仕事や家事、子育てなどに追われている人にとって、ストレスは避けては通れないものです。したがって日々の生活で感じているストレスを、どれだけ緩和させるかが重要になっています。

 

 

ストレスを緩和させるために大切だとされているのが睡眠の質です。かまぼこ枕によって睡眠の質を高めることによって、日々受けているストレスをリセットさせることができますのでかまぼこ枕は自律神経失調症やうつ病の改善が期待できます。

 

 

 

 

 

>>おすすめの美骨枕の詳細はこちら<<