自律神経失調症の対応と対処法

自律神経失調症の対応と対処法について

自律神経は、身体の中全体をコントロールする役割を持つ神経のことを指します。このバランスが崩れることで様々な症状を引き起こしてしまうことになります。これを自律神経失調症といいます。

 

 

この病気にかかると、特に身体の機能には異常が思い浮かばないのに動機や疲れ、立ちくらみ、発汗など様々な症状が現れます。

 

 

厄介なのは、自律神経失調症の原因が一人ひとり異なる面があるということです。原因が特定できないと自律神経失調症への対応や対処法も上手く取れないという点があります。ただ、自律神経失調症には4つのタイプに分かれることが分かっていますのでタイプ別に自律神経失調症の対応・対処法について考えていきましょう。

 

 

一つ目が本態性と呼ばれる自律神経失調症のタイプであり、これは子供のころからもっている体質的なものです。虚弱体質などに該当する場合にはこの症状にかかりやすい傾向があります。このタイプの場合はストレスとは関連性が特に見当たらないことが特徴といえます。

 

 

このタイプの自律神経失調症の対応・対処法としては、体質改善を行うことが求められます。食事バランスに気を使ったり、適度な運動を行い鍛えることが重要です。

 

 

二つ目が神経症型と呼ばれるタイプです。この場合は心理的な変化によりかかることがあります。少しの精神的なストレスでも発症してしまいます。

 

 

このタイプの自律神経失調症の対応・対処法としては、精神的なストレスをなるべくかけない生活を行うことが大事といえます。

 

 

三つ目が心身症型と呼ばれるタイプで身体と心の両方に症状が現れます。ストレスの影響によりかかってしまいます。これが最も多い自律神経失調症のタイプとなっています。

 

 

もう一つが抑うつ型と呼ばれるタイプです。三つ目の心身症型タイプがさらにひどくなったタイプで、うつ症状が現れることが多いです。長い間苦しむことも多いことが特徴です。

 

 

このタイプの自律神経失調症の対応・対処法は心身症型とともに薬やビタミンB群などの栄養を多く含む食事などを摂りながら改善していきますが、それでも改善しない場合もあります。

 

 

もしあなたやあなた以外の方が自律神経失調症でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクから詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止となりました。