自律神経失調症の症状のチェック

自律神経失調症の症状のチェック

特に原因が思い当たらないのに身体の不調が続き、病院で検査をしてもどこにも異常が見つからないなら、自律神経失調症の症状のチェックをしてみましょう。

 

 

自律神経失調症は全身の器官をコントロールする自律神経のバランスが崩れることで全身の機能に支障をもたらす病気ですが、自律神経失調症をチェックする為の症状は実に様々で、慢性的な疲労感、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、手足のしびれ、不眠ののほか、下痢や便秘、頻尿、残尿感などの症状も報告されています。

 

 

また、イライラや不安、やる気が出ない、疎外感、落ち込み、憂鬱など精神的な症状が現れることもありますのでこれらをチェックします。

 

 

自律神経失調症は一人ひとり症状が違うように、その原因も一人ひとり違います。

 

 

夜ふかしや夜勤などによる生活リズムの乱れ、仕事や人間関係などによる過度なストレス、また、もともとストレスに弱い体質や性格、男性・女性ホルモンの影響など、いろいろな要因が複雑に絡み合って発症することが多い点も症状のチェックで考慮します。

 

 

自律神経失調症といってもいろいろで、大きく4つのタイプに分けられます。

 

 

生まれつきの体質で自律神経が乱れやすい人「本態性型」、心理的な影響を受けやすく、少しのストレスで体調を崩してしまう「神経症型」、そして、最も多いのが日常のストレスが原因で引き起こされる「心身症型」があり、心身症がさらに進んでうつ症状が見られるようになると「抑うつ型」となります。

 

 

自律神経失調症の心身症型は真面目で几帳面な性格の人がなりやすいので、責任感が強く、仕事一筋で真面目に働く男性は症状のチェックに特に注意が必要です。

 

 

自律神経失調症の診療科のある病院などでは、WEBサイトに簡単な質問に答えるだけで自律神経失調症かどうかがわかる症状のチェックリストを載せているので、自分の症状が自律神経失調症かチェックしてみるといいでしょう。

 

 

もしチェックした結果、自律神経失調症だった場合は大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<