女性の自律神経失調症と更年期

女性の自律神経失調症の症状と治療

女性にも多い自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れると起こる症です。自分では、コントロールする事が難しい神経の事を自律神経と言います。

 

 

女性の生活状況により違いますが、生活の乱れやストレスが原因となり起こります。

 

 

仕事や家庭、近所付き合いなどストレスになる事が多い女性は、自律神経失調症の症状が出やすい方もおられます。

 

 

ストレスに弱い女性は、自律神経失調症になりやすいですので注意が必要です。例えば、真面目で冗談が通じない、適応能力が低い女性などはなりやすいと言えます。

 

 

女性の自律神経失調症の症状は、めまいや吐き気、頭痛、疲れやすくなったりと体に影響が出たり、不安になる、落ち込む、イライラするなど精神的に影響が出ます。

 

 

 

体の臓器などの検査には、異常がない為、発見が遅れる事があります。また、自律神経失調症は他の病気と間違いやすい事から治療が遅れたり、間違った治療をしてしまう事もあるようです。

 

 

女性で気分の落ち込みや吐き気やめまいの症状が続いたら、自律神経失調症を疑ってみましょう。早く治療する事が重要です。

 

 

心も体も落ち着いてくるでしょう。女性の自律神経失調症の治療は、人により違いますが、患者に合わせた治療方法が理想です。

 

 

病院が処方する自律神経失調症の薬やカウンセリング、マッサージや鍼なども効果があります。また、気分を変えるような女性患者の好みに合わせる治療方法も良いです。

 

 

例えば、旅行、習い事、ウォーキング、読書、映画、趣味、人との会話、動物、転職、引っ越しなどやりたい事や環境を変えてみたりする事で精神的に落ち着く事もあります。

 

 

病院の受診、アドバイスを受けて自律神経失調症の治療に役だてましょう。自律神経失調症の症状がある女性は家族の協力も必要ですので、助けを求める事が必要です。

 

 

更年期の自律神経失調症の症状

女性ホルモン・ストレス・性格の3つの要因が関連しているのが自律神経失調症であり、さらに症状を紐解いていくと、更年期障害とも関連性を持っていることが解明されています。

 

 

物事を考え、生命の維持に重要なのが脳の働きですが、自律神経の役割としては、心臓の拍動や胃腸や血管を動かすなど、自律的に調節してくれています。

 

 

特に自律神経失調症や更年期の症状を招きやすいのが、男性よりも中高年女性であり、社会的因子として家庭・仕事面で多大なるストレスを抱える環境に位置付いていることが重なっています。

 

 

そこに加え、中高年女性の場合には、心身の動揺を敏感に感じ、精神症状や神経症状が増す傾向にあることから、ストレスを発散させる術を見つけられず、より、障害を内に秘めてしまいやすい特徴が挙げられています。

 

 

更年期の自律神経失調症の症状として最も代表的なのが、顔の火照りや発汗などで、季節問わず、意思とは関係なく現れます。

 

 

交感神経と副交感神経から構成されている自律神経は、緊張の糸を張る交感神経が優位に立つことで起こる症状が多く、イライラや動悸、不眠や肩こりなどが挙げられています。また同じように、閉経後に現れる更年期障害における自律神経症状も、交感神経または副交感神経の失調症状がもたらされていて、同じように不眠などの症状を招きやすくなります。

 

 

こうした双方の障害に言えることは、ストレスとの向き合い方にあり、完治させたい焦りがさらにストレスとなります。

 

 

更年期の自律神経失調症の対策はストレスを溜め込まない環境へ移行するよりも、更年期は些細なことで浮き沈みする精神状態を常に作っているため、ストレスフリーではなく、上手く症状と付き合う方向に持っていくことがプラスに好転します。結果、些細な症状やイライラなどに悩むケースが少なくなります。

 

 

もしあなたが自律神経失調症の症状にお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<