自律神経失調症の症状で眠い時

自律神経失調症の症状で眠い時

自律神経とは呼吸や消化、内臓や筋肉の動きなど、無意識のうちに体の機能をコントロールしている神経のことです。交感神経と副交感神経に分類されています。

 

 

交感神経は活動時や昼間などに、副交感神経は休息時や夜に優位になります。例えば交感神経優位な時、心拍数は上がり、筋肉はかたくなり、血管は血液をたくさん運ぶために収縮し、体はすぐ活動できる状態になります。

 

 

逆に副交感神経が優位になると、心拍数は下がり、筋肉は緩み、血管は拡張し、体は休息状態に入ります。

 

 

これら二つの神経のバランスがとれている状態が理想ですが、自律神経はストレスやホルモンバランスの変化で崩れることがあります。すると二つの自律神経のスイッチのオンオフが上手く作動せず、自律神経が動かしている様々な身体機能に影響が出てしまいます。それが自律神経失調症です。

 

 

自律神経が乱れるとありとあらゆる症状が出ますが、その中でもよく言われているのが自律神経失調症の「眠い」症状です。

 

 

眠気があるとやる気が出ず、仕事や家事、育児もはかどらないのでつらいですね。寝不足でもないのに眠い、1日中眠い場合は自律神経のバランスが乱れているかもしれません。

 

 

まずは自己判断せず、別の病気だったという可能性がないように、医療機関を受診し、調べてもらいましょう。悪いところがみつからず、それでも眠気が続くようなら自律神経失調症の症状で眠い可能性があります。

 

 

自律神経失調症で眠い症状の原因として考えられるのは精神的ストレスや、環境や気温の変化などの肉体的ストレス、栄養の偏り、不規則な生活、産後や更年期などが原因のホルモンの乱れです。

 

 

雨の日が続く梅雨や長雨シーズン、春などに眠くなるのも自律神経の乱れが原因と言われています。

 

 

自律神経失調症の眠い症状を改善するには、なるべく規則正しい生活をし、バランスの良い食事や適度な運動すること。さらにリラックスを心がけましょう。生活改善で好転することも多いものです。

 

 

もしあなたが自律神経失調症の眠い症状を改善したいなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止するとのメールが9/12に送られて来ました。

 

 

 

そこで、他にも大変おすすめのうつ病・自律神経失調症改善プログラムが3つありますので以下のリンクからぜひご覧下さい。

 

 

 

 

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

 

 

・試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。(1年間サポート・全額返金保証付)

 

 

 

・石丸式 東洋医学の自律神経失調症改善DVD