自律神経失調症の薬

自律神経失調症の薬の処方

自律神経失調症は視床下部の自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって発症します。

 

 

自律神経失調症を発症してしまうと様々な身体的不調を引き起こします。例えば、頭痛、めまい、寒気、火照り、躁鬱などがあります。

 

 

症状が出ても、風邪と勘違いしたりと自覚が難しいのが特徴です。また、他人からも自律神経失調症であると理解されにくく、辛い病気の一つです。

 

 

ストレスや食生活の偏りなどといった生活習慣的な要因により引き起こされることが多い病気です。そのため、治すには生活習慣の改善が第一ではありますが、自律神経失調症は薬の処方による処置もあります。

 

 

自律神経失調症は、人により発症する症状は様々です。そのため、処方する薬も症状に合わせたものになります。例えば、イライラややる気の減退といった精神的症状が現れる場合は、精神安定剤といった抗不安薬が処方されます。

 

 

また、発症すると辛い症状が長引くことが多く、躁鬱を引き起こしてしまう人も多くいます。そのため、自律神経失調症は抗不安薬の他に抗鬱剤が処方されることもあります。

 

 

よく病は気からと言いますが、躁鬱になり気分が滅入ってしまうと、治るものも治りにくくなってしまいますし、悪化する恐れもあります。そのため、多くの場合で抗鬱剤の薬の処方も同時にされているようです。

 

 

最後に自律神経失調症の薬の処方についての注意点になります。先ほども説明したとおり、自律神経失調症には決まった薬というものはありません。また、同じ症状であっても、症状の度合いによって処方される薬の種類は変わってきます。

 

 

自律神経失調症を発症して薬を利用する場合は、必ず医師に処方してもらうようにし、自分の判断で使用することは絶対に避けてください。

 

 

自律神経失調症の薬での完治

情報社会の現代では、日々多くの情報が飛び交い、一日の情報量が子どもでもかなりな量になっており、誰しもが忙しい毎日を送るようになっています。規則正しい食生活、睡眠時間、運動量を保つことは困難になっており、ストレスを感じながら生きている人が多いです。

 

 

このような社会において、身体を動かす働きをしている自律神経が乱れてしまい、自律神経失調症と呼ばれる精神の病気にかかる人が増えてきています。

 

 

自律神経失調症は、うつ病やパニック障害、更年期障害などといった病気との区別がしづらく、検査などで特定の原因を見つけることが出来なかった場合に自律神経失調症と診断されています。

 

 

自律神経失調症には、薬物治療、漢方治療、カウンセリングなどがあり、その人に合った方法や薬等で自律神経失調症の完治を最終的に目指したいものです。一般的に自律神経失調症は薬物治療による治療方法を取る医療機関が多いです。

 

 

しかし、実は自律神経失調症の特効薬は存在せず、手術で完治するというものでもないということを知っておく必要があります。

 

 

薬物治療もあくまでも症状を抑える対処法の一つとして使用されていますので完治までは難しいのです。そもそも、自律神経失調症は病気ではないと考える見方も存在しています。

 

 

そのため、自律神経失調症を完治させるのも、逆にいつまでも症状を長引かせているのも、薬などの治療方法ではなく、本人の意思次第だとも言うことができます。

 

 

自律神経失調症の薬での完治ではなく、まず第一に焦らず、気長に治療を行っていくという気持ちを持つことが大切です。

 

 

規則正しい生活で睡眠をしっかり取り、ストレスを溜めずにリラックスをすることを常に心がけるようにします。自律神経の乱れを戻すには、、自分の身体と心を大切にして、薬だけに頼らず自律神経失調症の完治を目指していくことが大切です。

 

 

自律神経失調症の薬の副作用

イライラしたり不安になったり、気持ちの浮き沈みが激しく自分でコントロールできない場合は、自律神経失調症の可能性があります。自分で判断するのは良くないため、不安を感じた場合は医療機関やクリニックを受診して診察を受ける必要があります。診察は病気を発見するだけでなく、状態の経過を見るためにも有効なので快適な生活を送るためには必要です。

 

 

自律神経失調症を抱えている日本人は年々増加傾向にありますが、自律神経失調症の薬は副作用があるため注意して利用する必要があります。

 

 

自律神経失調症の薬の使用量は個人差があるため、担当医の指示する通りに服薬する事が大切です。自律神経失調症の薬は副作用が少ないものもあるようですが全く無いとは言い切れないようです。

 

 

自律神経失調症の薬の注意点には、交換神経が高まって起こる動悸や不整脈、不安や緊張の緩和を柔らげる薬の場合は、副作用が出る恐れがあるので喘息や低血圧の人は使用不可となっています。

 

 

このように使用する薬によっては注意点があるため、利用する時は正しい用法を知ってから服用する事が大切です。

 

 

自律神経失調症は薬の副作用等を理由に途中で止めてしまう事も避けた方が良いです。自己判断で止めてしまうと、せっかく症状が回復にむかっていても元に戻ったりそれ以上になる場合もあるため、止める時は担当医と相談の上で慎重に決める必要があります。

 

 

また止めた時に出るのが薬の禁断症状です。寝ても寝ても眠くなったり、反対に全く眠れなくなる等、出方は個人差があります。どの場合でもいつもと違うと感じた場合は担当医に相談して、その後の自律神経失調症の治療方針を決める事が大切です。

 

 

長い人生の中で自分の気持ちと上手に付き合っていくには、医療機関のサポートが欠かせない場合もありますが、ご自身の考えに合わせてベストな方法を選択しましょう。

 

 

もしあなたが薬の使用に抵抗があるなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止となりました。

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症の薬のリーゼ

自律神経失調症の薬のリーゼは、1979年に発売された抗不安薬(精神安定剤)です。5mgと10mgの2種類の錠剤があり、一日の最大投与量は30mgです。リーゼは、不安感を和らげる薬です。

 

 

うつ病や各種不安障害(パニック障害や全般性不安症害)などの心の病だけでなく、心身症や自律神経失調症、すなわちストレスで血圧が上がったり、心臓の動悸が止まらなくなったり、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛が起こったり、女性の場合は生理不順が起こったりした場合に、投与されます。

 

 

リーゼは、同種の抗不安薬のなかで、特に効き目がおだやかである、という特徴があります。効果のある時間も短時間(6時間程度)です。一説には、「世界で一番弱い」精神安定剤と呼ばれています。

 

 

抗不安剤の代表格であるデパスなどと比べて、リーゼは眠たくなったり筋肉が弛緩したりする副作用もそれほど強くありません。非常におだやかで、安全性の高い薬なので、各診療科で自律神経失調症の薬としてリーゼは幅広く処方されています。

 

 

高齢の方に処方しても、リーゼは比較的安全な薬です。ただし「世界一弱い」精神安定薬なので、処方される患者の側では、効果を感じなかったり、感じても物足りなく思ったりするかもしれません。

 

 

リーゼは初めて自律神経失調症の薬や抗不安剤を処方される人に適した薬だとも、いうことができます。リーゼは、効き目が非常におだやかなので、副作用の心配や、依存性が付いてしまうことはほとんどありません。

 

 

しかし、もちろん絶対皆無とは言えないので、持病やアレルギーのある人、他に飲み続けている薬のある人、そして妊娠中の女性などは、事前に医師に相談することが必要です。特に、抗うつ剤や別腫の抗不安剤と同時にリーゼを服用すると、予想より効果が強く出過ぎることがあるので、要注意です。

 

 

自律神経失調症の薬 デパス

自律神経失調症とはその名の通りに自律神経に関わる疾患の事で、様々な症状が現われます。この病名は一般的にもよく知られていますが、診断するためのきちんとした基準があるわけではないです。

 

 

自律神経に何等かの不調があるにも関わらず、症状が各疾患に当てはまらない場合に自律神経失調症と診断されます。この疾患を発症する原因は様々ありますが、代表的なものとしては仕事等によるストレスが挙げられます。

 

 

自律神経失調症は大きなストレスが体や精神に重く圧し掛かる事によって、全身に色んな症状が現われるのです。ストレス以外に考えられる原因としては、寝不足が続く等の生活習慣の乱れ、女性ホルモンの変化等があります。

 

 

自律神経失調症の症状については人それぞれで違いがあり、症状の重さについても個人差があります。代表的な症状として、まずは身体面については全身の倦怠感や頭痛、息苦しさや動悸等が挙げられます。

 

 

次に精神面に関しては、不安や恐怖を強く感じる、集中力や記憶力が低下する等があります。

 

 

自律神経失調症の治療方法に関しては、薬物療法や生活習慣の見直し、カウンセリング等が一般的です。中でも薬物療法はよく行なわれる治療方法ですが、デパス薬が自律神経失調症の治療で用いられる事が多いです。

 

 

デパスとはエチゾラムを主成分とする薬で、脳の中のリラックスを司る受容体と結合するという働きがあります。この働きによって精神がリラックスして、不安や恐怖といった気持ちを和らげてくれるのです。

 

 

自律神経失調症の薬のデパスは経口服用タイプの薬で、大人の場合には1日に3mgを3回に分けて服用するのが基本となっています。ただ症状の重さ等によって服用方法は変わるので、担当医師の指示に従って正しく服用する事が大切です。

 

 

自律神経失調症の薬のジェイゾロフト

近年、病気の種類は多様化しており、その中でも精神にかかわる病気は年々増加しています。そのうちのひとつに自律神経失調症があります。

 

 

自律神経失調症は、特定の原因といったものはなく、人によって様々な要因から発症します。例えば、不規則な生活環境が続いている、生活サイクルが変化した、ストレスがたまっている、性格的にあまり物を言えないなどといったことが考えられます。

 

 

その結果、精神的な面では、感情が不安定になる、怒りっぽくなる、落ち込みやすくなる、やる気が出なくなるといった症状がみられます。また、肉体的な面においても、身体がだるくなる、疲労感がなかなかぬけない、動悸や息切れがする、めまいがする、不眠症におちいるなどの症状がみられます。

 

 

このように自律神経失調症は、様々な要因から複合的に発症することが多く、治療法も必ずしも正しいというのはなかなかありません。色々な病院に行っても自分にマッチした治療を受けられるとは限らないのです。

 

 

それでも、自律神経失調症が和らぐと考えられる薬はいくつか存在します。そのうちのひとつがジェイゾロフトです。

 

 

抗鬱剤のひとつであるジェイゾロフトは自律神経失調症の薬でも用いられます。セロトニンが増加する効果があるので抗鬱治療で用いられます。

 

 

日本では、ここ10年くらいのうちに登場した比較的新しい薬です。ジェイゾロフトは、作用がとても強いというわけではありませんが、その分副作用が少なく、安全に使用できる薬です。

 

 

ジェイゾロフトの具体的な効果は、前述のように、セロトニンを増やすことで自律神経失調症や鬱状態を緩和させることが期待されるので、精神を安定させることができる可能性があります。

 

 

つまりジェイゾロフト薬は自律神経失調症の精神的な症状の部分において効果を発揮することが期待できます。

 

 

自律神経失調症の薬 パキシル

精神疾患の一つである自律神経失調症は、不規則な生活習慣によって体を動かしている自律神経のバランスが乱れ、その結果として体に様々な不調が起こってしまう病気のことをいいます。内臓や器官の病気ではありませんので、検査をしても特に異常が見られるわけではありません。

 

 

症状として主に見られるのが、精神的な落ち込みや体の一部が痛むなど、その症状は人により様々です。自律神経の乱れですので、ストレスも色濃く関係があると言われています。完治させるためには、焦らず気長に治療を行っていくことが大切です。

 

 

自律神経失調症を治すには、薬による治療が最も一般的です。自律神経失調症の薬にパキシルと呼ばれるものがあります。

 

 

パキシルは、通常うつ病や社会不安障害、パニック障害といった精神疾患の治療に使われます。自律神経失調症の薬物治療で使われる場合は、主に強迫観念や人前での過剰なまでの緊張や不安、不眠症などの症状を抑えるためです。

 

 

パキシルの服用を開始する場合には、少量からはじめ、少しづつその量を増やしていきます。

 

 

自律神経失調症の薬物治療を始めてすぐの頃はパキシルがなかなか効かず症状が改善しない期間が続くケースが多いです。

 

 

これは、自律神経失調症に用いられる薬の特徴として、効果が出るまでに2週間程度の時間がかかるからです。薬物療法は辛抱づよく服用し続けることが大切です。

 

 

パキシルが効いてくると、病気が完治したと思い、勝手に服用をやめてしまう人がいますが、離脱症状が強い薬もありますので、医師の指示に従うことが大切です。

 

 

特に、パキシルは離脱症状が強いとして有名な薬ですので、少しずつ服用する量を減らしていくことが大切です。いきなりやめると体調が悪くなり自律神経失調症が再発しかねません。

 

 

もしあなたが薬の使用に抵抗があるなら、自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止となりました。