自律神経失調症の原因と治療

自律神経失調症の原因と治療法

全身のあらゆる器官は、自律神経によって保たれています。自律神経は不安やストレスによってバランスを崩してしまうことがあります。自律神経の乱れによってさまざまな体の不調が起きたり、精神的に不安定になってしまう場合があります。

 

 

それらを自律神経失調症といい、男女の比率でいうと女性のほうが多いのが特徴です。男性よりも女性のほうがかかりやすい理由として考えられているのが、女性ホルモンの影響です。

 

 

男性の性ホルモンは思春期に分泌が高まり、それ以降は歳を取るまで比較的安定しています。一方、女性は初潮から毎月の生理や妊娠・出産を経験する場合も多く、歳を取るまで変化を続けます。

 

 

女性ホルモンの作用によって自律神経のバランスが崩れやすくなると考えられています。自律神経失調症の症状はかかった人が皆同じとは限りません。

 

 

主な症状として、全身の慢性的な疲労感・不眠・だるさ・微熱などがあげられます。人によっては複数の症状があらわれることもあります。加えて精神的な症状もみられるケースが多く、不安感や焦りなども感じる人もいます。

 

 

関西には自律神経失調症の治療をおこなうクリニックや病院が多数あります。治療方法や病気に対する考え方は病院によって多少異なることがありますが、自律訓練法や心理療法によって体や心を安定させる方法が一般的です。

 

 

また、薬物療法もあわせておこなうこともあります。自律神経失調症の診断を受けて、この病気の原因を説明し理解を深めたうえで適した治療がおこなわれます。

 

 

専門知識のある病院やクリニックを受診することに戸惑いを感じる場合は、身近なホームドクターに相談するなど心に負担がない方法で診察を受けることが大切です。

 

 

自律神経失調症の治療と薬

自律神経失調という言葉よく聞きますが、自律神経失調症とはどのような症状でなにが原因で起こるのかわからない方が多いと思います。そこで自律神経失調症について説明したいと思います。

 

 

自律神経失調症の原因は、不規則な生活や習慣などによって身体を働かせる自律神経のバランスが乱れることで起こる体の不調であります。器官や内蔵の病変によるものではないため、検査などをしても異常なしという結果になりがちです。

 

 

では、いったいどのような症状がでるのかというと、人によって様々ではありますが、頭痛や耳鳴り、口の渇き、味覚異常、疲れ目、涙目、動機、息苦しさなどがあります。

 

 

他にも、体のだるさや、精神的に不安定になり、イライラしたりなど感情的な面でも大きく異常が出ることが多いのであります。

 

 

これら自律神経失調症の症状の原因として、不規則な生活習慣ともう一つ考えられるのが、過度なストレスです。ストレスに関しては特にメンタルが弱い方、とても真面目な方、神経質な方がなりやすいといわれています。

 

 

ではどのようにして防ぐことが可能なのか。また、治療法はあるのか。を説明したいと思います。まず、予防法としては、規則正しい生活をすることです。

 

 

人間には体内時計がしっかりとあります。そのため、昼夜逆転の生活をしてしまうとバランスが崩れてしまうので、そうならないようように心がけることが大切であります。それから、糖分や油、アルコールなどもよくありません。胃腸に負担をかけてしまい、炎症を起こしてしまいます。カフェインも取り過ぎにはよくないので注意が必要であります。

 

 

もし、自律神経失調症になってしまったときは薬などで症状を防ぐことが可能です。自律神経失調症の薬でドクマチールという名前のものがあります。そのほかにも女性ならホルモンのバランスも考えたエストリオールという名前の薬もあります。

 

 

この2種類はいずれも自律神経失調症に効く薬とされていますが、もしあなたが薬の使用に抵抗があるなら、自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止となりました。