自律神経失調症の動悸を治す

自律神経失調症の動悸の治し方

自律神経のバランスは時に崩れることがあり、様々な身体症状、精神症状を引き起こすのが自律神経失調症です。

 

 

動悸、食欲不振、眠気、めまい、便秘、下痢、頭痛、肩こり、腰痛、血圧上昇、・・・一見バラバラな症状も背後に自律神経の乱れが考えられる場合が少なくありません。中でも動悸は自律神経失調症の方の多くが経験されている症状の一つです。

 

 

自律神経は自分の意志で動かせない神経で、循環器、呼吸器、消化器などのコントロールをしています。交感神経と副交感神経があり、交感神経は活動時や昼間に、副交感神経は休息時や夜間に活発に働きます。

 

 

例えば、交感神経が働くと血管は収縮し血圧が上がるのに対し、副交感神経が働くと血管は弛緩し、血圧が下がります。二つの自律神経が状況に応じて切り替ることで、人間の生命活動は潤滑に維持されているのです。

 

 

自律神経は過度のストレスやホルモンバランスの崩れで乱れやすいことがわかっていますので心臓に負担がかかるので動悸と自律神経失調症の関係はあります。交感神経の優位状態が続くと、血管が収縮し続け、血液を送り出す心臓がオーバーワークになってしまうのです。

 

 

心臓に負担がかかることによって自律神経失調症が動悸や息切れの原因になりえるのです。検査で異常がないと診断された場合、生活改善から、自律神経の乱れを治すように心がけてみましょう。ストレスの原因と向き合い、どうすれば自律神経失調症の動悸を治す事ができるのか方法を考えましょう。

 

 

また、季節の変わり目などの環境ストレスも影響しますので、乱れやすい季節には無理をしないことも大切です。生活面では朝、交感神経スイッチが入るように早起きをして朝日を浴びるようにしましょう。

 

 

逆に夜は副交感神経スイッチが入るように、照明も暗くし、早めに寝床へ入ります。ぬるめの湯船にゆったりとつかる、よく噛んで食べる、あたたかい飲み物をいただく、なども副交感神経作用を促すので効果的です。

 

 

自律神経失調症の方で動悸がする時はまず息をゆっくり吐いてみましょう。呼吸治療法は自律神経に働きかけることができるのでおすすめの方法です。

 

 

それでも改善できない方は自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<