自律神経失調症の動悸の薬

自律神経失調症の動悸の薬

自律神経失調症は交感神経と副交感神経の2つから成る自律神経が、何らかの理由でバランスを崩し、様々な不調を起こす病気です。

 

 

肩こりや背中の痛みのような比較的軽い症状から、頭痛やめまい、便秘や下痢などの不快症状、不眠、不安、動悸や不整脈などの深刻な物まで様々な自律神経失調症の症状がありますがここでは動悸の治療について取り上げます。

 

 

動悸の主な原因はストレスと言われています。ストレスと一口に言っても2種類に大別され、厳しい気候や環境の急変、睡眠不足や疲労と言った外的要因から来るストレスと人間関係や仕事関係などから来る精神的なストレスとがあります。

 

 

動悸以外にも自律神経失調症は多彩な症状や似通った症状を呈する他の病気と紛らわしい事もあって、診断が難しい事もあります。

 

 

目に見える動悸の症状の裏に別の病気が隠れている事もありますので、自律神経失調症の動悸だと自己判断せず、他の病気が無いかどうかをきちんと調べてもらう必要があります。特に動悸や不整脈などにはこの除外診断が重要です。

 

 

除外診断以外に問診や心理テストなどを行った結果、自律神経失調症と診断された場合は、動悸の治療の一歩として生活習慣を見直し、主因となるストレス源を軽減する努力が大切です。

 

 

自律神経失調症の動悸の薬による治療としては、不快症状を軽減するために症状に応じてピンポイントで効果のある薬、例えば便秘なら下剤、不眠なら睡眠導入剤、強い不安には精神安定剤などの薬が処方されます。更年期などでホルモンバランスが崩れた女性患者には自律神経失調症の動悸の薬としてホルモン剤が処方される事もあります。

 

 

自律神経のバランスを回復させるために自律神経失調調剤やビタミン剤等の薬の服用が推奨される事もありますし、漢方薬を処方する病院もあります。

 

 

しかし安易に自律神経失調症の動悸は薬で治すと自己判断したり不調を我慢したりせず、心療内科などで辛い症状を早めに治療してもらう事が回復への近道と言われてます。

 

 

もしあなたが薬に抵抗があるなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<