非定型うつ病

非定型うつ病

非定型うつ病についてご説明したいと思います。

 

 

まず、うつ病にはじつに色いろなタイプのものがありますが、そのたくさんのうつ病のタイプの中に「非定型うつ病」と呼ばれているタイプのうつ病が存在します。

 

 

この非定型うつ病は、「神経症性うつ病」と今まで呼ばれてきたうつ病の症状です。また、別名では、「お天気屋うつ病」とまで言われているタイプのうつ病です。

 

それでは、非定型うつ病の特等についてですが、非定型うつ病の特徴としては、ずっと、どんよりとした感じがしていて、沈み込んだような状態が続きますが、よいことや楽しい事などポジティブな出来事などと遭遇すると、どんよりとした感じの不調状態がまるでウソのように、一気に元気になってしまいます。しかし、この元気な状態は長続きすることはなく、すぐに憂うつな気分に戻ってしまいます。

 

 

ほかにも、非定型うつ病の場合では、過食状態におちいって体重が急増してしまったり、いくらでもずっと長時間眠れてしまうなど、これまでの暗く沈んだ感じのうつ病とはまったく正反対の状態になる傾向を示すので、うつ病としての症状の発見が見逃されやすく、症状を長引かせやすい性質を持ちますのでとてもやっかいです。

 

 

また、非定型うつ病は圧倒的に女性に多く発症している傾向にあり、特に10〜30代の女性のうつ病では、この非定型うつ病のタイプの人がとても多いと言われています。

 

 

さらに、非定型うつ病になりやすい傾向にある人というのは、どうも他人に良く見られたいという意識や願望が強い人に多く見られるようです。また、自分に対する評価がとても気になってしまう人です。しかし、これはうつ病の原因のひとつと考えられています。

 

 

非定型うつ病の人というのは、プライドが高く、自分のみっともない姿をさらしたくない気持ちが人一倍強い傾向にあるので、大勢の人の前に立つとかえって緊張していしまって手や声が震えてしまう対人恐怖におちいりやすい傾向があると言われています。また、非定型うつ病の人は、周囲に気づかい過ぎて、自分の気持ちを抑え込んでも他人に合わせようとする特徴があるのです。

 

 

このようなうつ病の症状でお困りの方は自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明のうつ病専門DVDがおすすめですので当サイトのトップページか、以下のリンクから詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<