自律神経失調症治療の漢方

自律神経失調症治療の漢方

「自律神経失調症」と言うと精神的な病気なのは分かっても、どの様な病気か詳しく知らない人が多いと思われます。

 

 

誰にでもある自律神経と言う神経で、いつもは自分の意志とは関係なく自動的に動いている物がバランスを崩してしまう事で起こってしまう病気です。

 

 

自律神経失調症はストレスや生活リズムの乱れや女性ホルモンの影響や人間関係や環境の変化などが原因となる事多い様です。また最近では冷え性も自律神経失調症を引き起こす原因になると言われているので、冷え性の人はライフスタイルをしっかり見直して治療する必要があります。

 

 

自律神経失調症の治療として身体から治療する場合と心から治療をする場合、両方一緒にする場合があります。自律神経失調症を引き起こしている原因となっている物を完全に取り除くことが出来れば、病気が治る近道なのですが、なかなか難しい面があります。

 

 

症状が軽いと思われる場合は病気の原因と共存しながら治療を続けていく事が出来ます。

 

 

自律神経失調症の治療は漢方もおすすめです。副作用の少ない漢方などを組み合わせた治療は緩やかに症状を改善していく上でとても有効であります。

 

 

漢方はホルモンバランスや冷えなどに効果が期待できる物で、自律神経失調症を発症していない人でも身体の不調対策として服用している人も多くいます。また漢方は人によっては効果が出るまでに時間がかかる場合があり、ゆっくり時間をかけて服用を続けていく治療方法が大事です。

 

 

自律神経失調症の治療で漢方を服用する場合は空腹時などの食前や食間が最も効果が出やすくなっています。また漢方以外の身体の不調を改善する方法として整体やアロマテラピーやマッサージなどを利用すると身体の疲れや不調と共に心が軽くなるのを感じる事ができます。リラックスをする事が苦手な人は、他人の手を借りて身体も心もリラックスする時間を作る必要があります。

 

 

自律神経失調症の市販薬の漢方

不眠やだるさ、不安や落ち込みなどの身体の不調を招いている場合、自立神経のバランスが乱れているケースがあり、いわゆる自立神経失調症と呼ばれる病気に発展しているケースも考えられます。

 

 

人体の意思とは関係なく機能しているのが全身の様々な器官です。自立神経はこの器官をコントロールしている機能であり、呼吸・消化・循環・代謝機能を上手く動かしています。しかしながら血流が滞ったり、内臓機能が低下、老廃物によるリンパ腺の詰まりなどによってバランスが崩れてしまうことで全身の機能に支障をきたしてしまいます。

 

 

交感神経が常に働いている状態である自律神経失調症の症状では、身体の内と外で筋肉が常に緊張した状態であるため、慢性的なコリや不眠などを招きやすくなり、日常生活に支障が出るため、ここで自律神経失調症の薬での対策や改善に取り組む必要も挙げられます。

 

 

通常は、専門医療機関にて自律神経失調症の薬物療法が提案されているものの、症状が軽い自律神経失調症の場合には市販の漢方薬を取り入れた改善策が適しています。

 

 

市販の漢方薬の魅力は穏やかに自律神経失調症に作用するため、副作用による心身のダメージが少ない魅力が挙げられています。

 

 

特に自律神経に作用し、適した漢方薬とされているのがイライラや神経の高ぶり、不眠などの精神面に作用する抑肝散という自律神経失調症の市販の漢方薬です。

 

 

さらに、筋肉の緊張をほぐすことで血流改善、さらには血圧の抑制などにまで結びつくのが芍薬であり、薬局やドラッグストアなどで市販されているために手軽に取り入れることができる自律神経失調症の市販の漢方薬もあります。

 

 

その他にも、漢方専門となる薬剤師の手によって1人1人の自律神経失調症の症状をカウンセリングし、選りすぐった漢方を調合することができるため、季節や体質などその時々で変化する症状別に摂取できるのも魅力の1つと言われています。

 

 

ただ、漢方や市販薬に少しでも抵抗があり、自分で治療に取り組みたい方は自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<