躁鬱病のチェック

躁鬱病の家族の接し方について

芸能人で躁鬱病とカミングアウトされた方も少なからずおられ、このことから障害として大きく世間でも取り上げられるようになり、躁鬱病のチェックや改善対策、ケアについての情報や提案する医療機関が増えています。

 

躁鬱病は双極性障害とも呼ばれている病名であり、一般的に周知されている鬱病とは似て非なる病気であるのが特徴です。

 

例えば、発症率の高い鬱病の場合には、気分の落ち込みややる気の低下、不眠症などの症状が挙げられていますが、双極性障害とも呼ばれる躁鬱の場合には鬱状態と躁状態を繰り返す症状であるため、躁鬱病のチェックもしやすいのも特徴です。

 

鬱状態から躁状態を発症することで医療機関でも躁鬱病と診断がつき、抗うつ薬ではなく、気分安定薬や抗精神病薬を用いた薬物療法が提案されます。

 

早期に治療を進めることを発症した躁鬱病の芸能人も提案しており、普段の何気ない行動や言動をチェックする事で察することができるため、家族や周りの目も必要となります。

 

早期に躁鬱病をチェックして治療を進めることができるだけで、症状をコントロールしながら日常生活をスムーズに送ることができ、症状の回復を早めることや完治させることに繋がります。

 

特に重要視されているのが躁鬱病と家族の接し方であり、家族療法とも呼ばれる病気に対する理解を深めた向き合い方が医療機関ではアドバイスされています。

 

再発するリスクも少なからずあるため、予防法となる服薬の継続だけではなく、躁鬱は家族の接し方が重要と言われています。

 

特に躁状態となった場合には家族に大きな負担となり、障害を持つ本人もマイナスの感情が伝わり、病状の悪化を招いてしまいます。

 

躁鬱病者は当たり障りなく家族と接することに励み、患者さんが必要とされているサインにしっかり応えることが躁鬱と家族の接し方において必要とされています。

 

 

躁鬱病のチェック方法

躁鬱病のチェック方法は無料でいくつかありますが、まず躁(そう)と鬱(うつ)の症状の状態を詳しく知る必要があります。

 

躁症状の特徴としては、

 

いつも落ち着かない。
身なりが派手になりがち。
金遣いが荒い。
ギャンブルにのめり込む。
過食しやすい。
寝付きが悪く、早く目が覚めてしまう。
睡眠時間が少なくても平気。
性欲が強く時々暴走しやすい。
誰にでも話しかけてよく喋る。
怒りっぽく人と衝突しやすい。
感情がエスカレートしやすい。
興奮しやすい。
大口を叩きやすい。
自分は偉いと思いやすい。
威張って他人を傷つけてしまう。
自分の考えを押し付けやすい。

注意力が散漫になりやすい。
焦りやすい。

 

などがあります。
現在のあなたの症状がこれらチェックで多く当てはまるほど、躁(そう)症状の可能性が高いです。

 

 

一方、鬱(うつ)状態の症状の特徴は、

 

何をやっても大変に感じる。
朝起きるのがつらい。
疲れやすい。
食欲が無い事が多い。
以前より痩せた気がする。
性欲が無い事が多い。
物忘れが多い。
人と話しても面白くない。
楽しいことが何も無い。
頭の回転が悪い。
めまいがする。
自分に失望しがちである。
自分を憎んでしまう。
何でも自分のせいにする。
死にたいと思う事がある。
泣くことが多い。

他人に関心が無い。
自分で決断できない。
自分に魅力が無いと思う。
憂鬱になりやすい。
将来を悲観してばかりで希望が無い。
生きていても意味が無いと思う。
ミスばかりして自信が無い
何もやっても満足できない・楽しめない。
罪の意識に襲われやすい。
罰を受ける気がする。

 

などがあります。
上記チェックして現在のあなたの症状がこれらに多く当てはまるほど、うつ症状の可能性が高いです。

 

 

躁鬱病になると、一年間で平均して4回、鬱と躁の症状サイクルを繰り返すと言われています。

 

 

躁鬱病のチェックで注意したいのが、躁の症状が軽症な場合や、春夏は躁状態で秋冬は鬱になる人は、躁の症状が見落とされがちで、単なる鬱病と勘違いされることもよくあります。この場合、躁の症状が元気な状態に見えてしまうからです。

 

 

躁鬱病をチェックするには、自身の過大評価、他人の過小評価、傲慢、好き嫌いが激しい、誇大妄想、じっとしていられない、罪悪感、虚無感、全てにおいて興味がわかない、自殺願望、などがあるかどうかをチェックします。これらのように精神状態が極端に変化しやすい人が要注意ですのでこのような精神状態にある人は躁鬱病のチェックが必要です。

 

 

躁鬱病は、自然治癒ではまず治らず、放置すると、躁と鬱を繰り返す感覚が短くなるラピッド症候群や、鬱と躁の症状が同時に現れる混合型の双極性障害になる恐れがあるので、早めに無料の躁鬱病のチェックを行って症状を診断し、早期に治療を開始する必要があります。

 

 

こうした症状が2週間〜数カ月周期で現れた場合、躁鬱病のチェックで症状がある事を疑うべきです。症状に該当する人は、できるだけ早く、躁鬱病のチェックをして精神科のある病院で心理療法などの診断を受けるのもいいと思いますが、もしあなたが躁鬱の症状でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症改善DVDが当サイトのおすすめですのでご興味のある方は当サイトトップページか、以下のリンクから詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<