会社のうつ病の接し方

会社のうつ病への接し方

会社の仕事が忙しすぎて、育児に疲れて、借金に追われてなど人によってうつ病を発生する原因は様々あります。

 

 

一般的には生真面目でまっすぐな正義感にあふれる人ほどなりやすいと言われていますが、実際に自分の職場、会社でうつ病の方がいた場合に会社のうつ病への接し方について考えていきたいと思います。

 

 

まず、うつ病の人の特徴について考えなければいけません。うつ病の人は精神的、身体的に弱っているという事を理解しましょう。

 

 

食欲がない、胃が痛い、考えがまとまらない、いつもは出来る簡単な仕事でミスしてしまい注意散漫になってしまう、こういった事は会社でうつ病を発している人に起こりうる症状です。

 

 

うつ病の人は会社の仕事への意欲や興味、行動力などが普段より低下しているのです。そこを肯定して接してあげる方法から始めましょう。

 

 

「なぜ出来ないの?」「頑張って」などは逆効果です。むりに活力を引き出そうなどとこちらから行動するのはよくありません。ではどうすれば良いのか?うつ病への接し方として良いのは「話をとにかく聞いてあげること」これが何より大切です。

 

 

うつ病の人は少なからず自分に否定的で死にたいと思う人も多いのです。その為、相手が何を思っているのか?今どうして欲しいのか?こちらからではなく相手から少しずつ引き出してあげて寄り添う接し方が大切です。

 

 

会社だと仕事が絡むので早くして!と感情的に接してしまうこともあるかと思いますが、うつ病の人は元々仕事が出来るのです。

 

 

元の姿に戻ってもらうには「あなたの本当の姿に戻るまで寄り添うわ」というカウンセリングのような寛大な心が必要なのです。

 

 

家でも会社でも思いつめて行き場がないと落ち込んでるうつ病の人にどう接するのか。自分がうつだったらと考えればおのずと思いやりの気持ちは芽生えるはずです。接し方はとても大切ですので是非日本人らしい思いやりの気持ちで病の方に寄り添い一緒に解決していきましょう。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病で悩まれて改善させたいとお考えであれば自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<