10代・20代・40代のうつ病

10代のうつ病の症状

近年は大人のみならず子供がうつ病になってしまうことがあります。早いと小学生から症状を体験する人もいます。10代でうつ病になる子供は学校での疲労が原因であることが多いです。

 

 

この年代は周囲の環境や対人関係に敏感な時期であり、それらに疲労を感じる10代はごく一般的です。また10代でうつ病の症状が現われる人は不安が強い性格の人や周りの顔色や行動を過剰に気にする人、プライドが高い人が多いです。

 

 

他にも幼少期のころから両親の夫婦喧嘩をよく目にして育ってくると10代でうつ病になりやすいという調査結果もあります。

 

 

10代のうつ病の症状は、イライラしていることが多く怒りっぽくなる、感情の起伏が激しい、行動がゆっくりでやる気が感じられない、落ち込んでいることが多い、何事も面倒がる、会話を嫌がる、などです。

 

 

しかしこれらうつの症状は10代の時にほぼ全ての人が体験していることがあります。なぜならこれらは10代特有の思春期の状態によく似ているからです。うつ病か思春期の行動なのかは判断がしづらいです。

 

 

うつ病の目安として、上記の症状に加えてうつ病によく見られる行動があります。これまでは楽しんで行っていたことを嫌がったり避けたり苦しく感じたりしていること、朝起きられなくなりまた夜眠れなくなること、が2週間以上続くとうつ病である可能性が高まります。

 

 

特に倦怠感、不眠、めまいなどの体調不良、食欲の低下などは初期症状として精神的なよく知られている症状より先に現れます。

 

 

10代は周囲からの目を気にして隠せる異常は隠そうとすることがあります。そのためうつ病の身体的症状が起こりやすいです。そしてこのような初期症状は規則正しい生活を見出し、体調不良や精神不安定を促進しより悪化に導いてしまいます。

 

 

20代のうつ病の症状

近年、増加傾向にあるうつ病は年齢を問わず発症します。子供から大人までストレスにさらされる時代であり、特に社会に出始めた20代にも多くみられる症状です。

 

 

初めての仕事や、責任ある仕事を任されるようになったときのプレッシャーや職場環境によって、さまざまなストレスにさらされるのが原因です。20代のうつ病の症状はひとそれぞれ違い、日によってもその重さに違いがあります。

 

 

20代の多くの人が直面するのが、朝起床できなかったり、頭痛や倦怠感などの症状です。そのほかに気分が沈む、やる気が起きない、悲しいなどの精神的な変化に加えて、食欲の減退なども挙げられます。また、夜は寝つきが悪かったり、眠りが浅いなどの不眠の症状も20代のうつ病を代表する症状です。

 

 

常に疲労感などがあり、暗い気持ちになるため何事にも前向きになれないのがうつ病の典型です。このため、会社へ勤めている人は出勤が苦痛になったり、休みがちになるなどして休職を余儀なくされる場合があります。

 

 

20代でうつ病を発症した場合には十分な休養と睡眠の確保、抗うつ薬の投与などの治療が有効になります。仕事をしている場合に会社との体裁を保つために症状を隠して無理に出勤をする人も多いですが、実はうつ病の改善には逆効果なのです。

 

 

最近ではうつ病の社会的な認知が広まったため、理解を示してくれる会社も増えてきました。しかしながら、根本的にはまだ整備されていないことも多く、うつ病の症状を抱えながら仕事をしている人も多くいます。

 

 

 

特に20代は就職活動を経てやっと入社をしたり、実績が実を結ぶ年齢でもあります。このため、休職などの選択をしずらい世代でもあります。しかしながら、そのままにしておくと、うつ病が重症になるケースもあるためできるだけ休養をとることが大切です。

 

40代のうつ病の症状

40代の人は、更年期に差し掛かるこの時期にうつ病の症状が出てくる方が多く見られます。更年期とは、体内のエストロゲンの分泌が減ることによってホルモンバランスが崩れてしまうことにより起こります。そのためストレスに過敏になり心のコントロールが難しくなりうつ病の症状が出やすいです。

 

 

また、社会的責任も多くなる時期でもあり、家庭の問題や環境などストレスの原因をたくさん抱えていますので40代はうつ病の症状が出やすいのです。

 

 

40代の人で真面目で几帳面な人ほどうつ病にかかりやすい傾向にあります。この症状は、気力がなくなったり、落ち込みが激しかったり、人と会うのが面倒になったりなどします。

 

 

特に理由もないのに気持ちが晴れないという日々が続きます。このようなうつ病の症状が出た場合、心療内科や精神科で医師の診察を受けることが必要です。

 

 

そのままにしておくと症状はさらに悪化してしまいます。40代でうつ病の症状が出たら適切な治療を早期に受けることが最も大事なことなのです。

 

 

うつ病の症状は回復に時間のかかる病気で、家族やまわりの人のサポートなども必要となってきます。しかし、一生治らないという病気ではありません。うつ病の人は目に見えない心の病気ですから周囲の理解が必要です。

 

 

40代の方で何もしたくない、気力がないという人がいたら怠けていると思わずに休ませてあげることが大切です。同じ話を何度もするような場合でも、根気よく聞いてあげることも大事なことなのです。

 

 

うつ病の症状が悪化し自ら命を絶ってしまうこともあるので注意が必要です。うつ病を治療するためには、セロトニンという成分を脳内に増やす必要があります。

 

 

セロトニンは幸福感をもたらす神経伝達物質です。これが増える事によって感情をコントロールできるようになります。よく眠れるようになりストレスにも強くなり、セロトニンを増やすためにはサプリメントなども有効です。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止するとのメールが9/12に送られて来ました。

 

 

 

そこで、他にも大変おすすめのうつ病・自律神経失調症改善プログラムが3つありますので以下のリンクからぜひご覧下さい。

 

 

 

 

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

 

 

・試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。(1年間サポート・全額返金保証付)

 

 

 

・石丸式 東洋医学の自律神経失調症改善DVD