20代のうつ病の症状 

20代のうつ病の症状

近年、増加傾向にあるうつ病は年齢を問わず発症します。子供から大人までストレスにさらされる時代であり、特に社会に出始めた20代にも多くみられる症状です。

 

 

初めての仕事や、責任ある仕事を任されるようになったときのプレッシャーや職場環境によって、さまざまなストレスにさらされるのが原因です。20代のうつ病の症状はひとそれぞれ違い、日によってもその重さに違いがあります。

 

 

20代の多くの人が直面するのが、朝起床できなかったり、頭痛や倦怠感などの症状です。そのほかに気分が沈む、やる気が起きない、悲しいなどの精神的な変化に加えて、食欲の減退なども挙げられます。また、夜は寝つきが悪かったり、眠りが浅いなどの不眠の症状も20代のうつ病を代表する症状です。

 

 

常に疲労感などがあり、暗い気持ちになるため何事にも前向きになれないのがうつ病の典型です。このため、会社へ勤めている人は出勤が苦痛になったり、休みがちになるなどして休職を余儀なくされる場合があります。

 

 

20代でうつ病を発症した場合には十分な休養と睡眠の確保、抗うつ薬の投与などの治療が有効になります。仕事をしている場合に会社との体裁を保つために症状を隠して無理に出勤をする人も多いですが、実はうつ病の改善には逆効果なのです。

 

 

最近ではうつ病の社会的な認知が広まったため、理解を示してくれる会社も増えてきました。しかしながら、根本的にはまだ整備されていないことも多く、うつ病の症状を抱えながら仕事をしている人も多くいます。

 

 

 

特に20代は就職活動を経てやっと入社をしたり、実績が実を結ぶ年齢でもあります。このため、休職などの選択をしずらい世代でもあります。しかしながら、そのままにしておくと、うつ病が重症になるケースもあるためできるだけ休養をとることが大切です。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<