岡村隆史のうつ病の治療

岡村隆史のうつ病の治療

2010年に岡村隆史はうつ病の治療で5カ月間の休業をしました。かなり重症のうつ病であったと聞いています。

 

 

岡村隆史さんは日常の生活でどのような症状が出ていたかというと、まずはとにかく眠れなかった、一睡もできなかったそうです。

 

 

仕事においては採用したネタの葉書がどれなのかわからなくなってパニックになってしまう。サインもできなくなってしまったそうです。

 

 

病院を訪れた岡村隆史さんはうつ病であると診断されました。仕事はドクターストップとなり、入院治療をすることになりました。

 

 

岡村隆史さんは元来がとてもおとなしく、内向的で人見知りをする性格であるそうです。生真面目な性格が彼本来の気質です。つまり素因として、うつ病にかかりやすいタイプの性格であると言えます。

 

 

ただでさえそのような因子があるところへ、仕事はバラエティー番組のキャラクターなので無理やりにでもハイテンションな状態にならなければなりません

 

 

岡村隆史さんは毎日その切り替えをしていたわけで、そこには半端ではない落差があったと思われます。そればかりではなく、常に「もっと頑張らねば」と自身に言い聞かせていたようですのでうつ病を発症しやすい状況にありました。

 

 

岡村隆史さんは休養をするという大きな決断をしました。通院ではなくて、思い切って病院に駆け込むという判断がうつ病の治癒につながりました。

 

 

うつ病が重い症状になってしまったら、とにかく休養をとることが大切ですが、それをしないままに治療を引き伸ばしてしまうと最悪の結果となってしまうこともあるわけです。

 

 

岡村隆史さんは復帰した後にこのように述べています。「休養して理解したことは、自分が周囲の数多くの人たちに助けられていることです」「それまでは自分を徹底的に責めていたけれど、そうではないと思えるようになった。自分だけが悪いのではないと感じるようになった」

 

 

岡村隆史さんはうつ病の治療をすることで徹底的に自身の体を休ませた結果、元気に復職することができたのです。しかしこの方法は時間がとてもかかります。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<