うつ病治療の認知行動療法

うつ病治療の認知行動療法

うつ病治療の認知行動療法(CBT)とは、うつ病患者の方の物事に対する考え方や、受け止め方を改善させることによって、気持ちや行動をコントロールしていく療法です。うつ病の治療方法として、薬物療法と併行して医師の指導のもとに行なわれる治療法となります。

 

 

うつ病を発症した場合には、物事を否定的に受け止めたり、悲観的に考える傾向が強く、自分自身でストレスを増やしてしまう場合が多いので、認知行動療法は有益な治療法となります。

 

 

 

人間は、心理的な苦痛を感じている場合には、思考能力が柔軟性を欠いてしまい、認知が歪んだものになる傾向があります。うつ病の患者さんは、漠然とした不安やストレスなどを抱えており、その原因がわからないことによって、さらに気分が落ち込んでしまうという負の連鎖状態の中にあります。

 

 

うつ病治療の認知行動療法では、臨床心理士などの心理療法のプロと面接し、患者さん自身に憂鬱になる原因は何であるかを把握させ、そのような状況の場合にはどのように対処したらいいのかを、認識させていきます。

 

 

マイナス思考になる感情の原因をつきとめて、どのように対処すれば、その感情を和らげることができるのかをノートに書き留めていきます。そのノートを反復して見ながら、自分自身にプラス思考の感情を言い聞かせていくという治療訓練方法となります

 

 

うつ病治療の認知行動療法は自らの感情をしっかりと把握して、漠然とした憂鬱や不安の原因を本人が認識し、自分の考えを前向きに変えていき、うつ病の症状を改善していくという治療法となります。

 

 

軽度のうつ病の場合には、薬物療法よりも認知行動療法が、優先される傾向にあります。また、認知行動療法は、健康保険の対象となっています。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<