うつ病治療の旅行や休職、認知行動療法

うつ病の治療で旅行に行く

近年、ストレス社会と言われ、うつ病になる方が増加しています。真面目で正義感が強く、嘘がつけず、完璧主義者の方がなりやすいと言われています。

 

 

物事を真面目にとらえて融通が利かず、妥協する事が出来ない完璧主義者の方は、ストレスを抱えやすいです。また、ストレスを発散して解消する治療方法を見つける事が苦手です。

 

 

うつ病の原因は、仕事や家庭、近所の人間関係、仕事のミス、ペットの死、引っ越し、転職、転勤、家族や大切な方との別れなどが考えられます。また、他の病気で考え込み悩む事もあります。

 

 

深く考えてしまい悩んだり、ストレスがたまり知らず知らずの内にうつ病になります。症状も人により違い、本人も気づきにくいですし、周囲の方や家族も気づかない事も多く、治療が遅れる事があります。

 

 

うつ病は、少しずつ進行していき、症状は、少しずつ悪化していきますので早期発見しての治療が必要です。イライラしたり、憂鬱、やる気が起きないなどの感情の症状から頭痛、吐き気、めまいなどの体の症状が出てきます。

 

 

気がつかず、治療をしなかったら最悪、自分の存在を否定する事になります。うつ病を疑いましたら、病院で早めにうつ病治療をする事も検討します。

 

 

薬の服用も重要ですが、患者の好きな事をして過ごす事も治療となります。旅行好きな患者は、うつ病の治療で旅行にしばらく行き、長期滞在や色々な地方や国を周ってみる事も良いです。

 

 

完治するまでうつ病治療として旅行をする、心が疲れたら旅行するなども良いです。患者に合わせて旅行で環境を変えてみる事も必要です。また、旅行の話や完治後の旅行の約束なども目的ができるので脳が活性化するので旅行はうつ病治療の効果があります。

 

 

旅行以外でもうつ病の治療に必要な事や患者に合った方法を考えて、早めに治療する事が良いです。完治する病気ですが、再発もありますので注意が必要です。

 

 

うつ病治療で休職

身体が不調になると様々な所に症状が出ます。一般の人は具合が悪いと感じれば人は病院に行って治療します。大きな病気となる前に健康診断も定期的にします。健康は重要と考える人は多いようです。

 

 

一方で心の健康は身体に比べるとおろそかにしてしまいがちです。ストレスを感じる事は日常茶飯事です。それでもそのまま放っておく人もたくさんいます。人によっては自分の心が弱いと責めてしまう人も出てきます。

 

 

自分の成長のために適度なストレスも必要です。ただ適度と過度の境目は区別がつきにくいです。自分の心の声に耳を傾け早目にブレーキをかけるなど対処をするのが望ましいです。

 

 

それほど深刻でないうちなら自分の好きな事をしたり軽い運動をする事でストレス解消出来ます。楽しい事や運動によってストレス撃退に良いホルモンが出ます。嫌な事をずっと考え込まずに済むので良い気分転換になります。

 

 

上手く気分転換出来ずに落ち込む気分がずっと続くうつ病のような症状が出たら病院で相談するのも良いでしょう。出来れば自分の症状や状態を書き留めたノートなどを持参すると効率良く話が出来ます。うつ病がいつから起きているのかや何が原因なのかが分かれば速やかに的確に治療を始められます。

 

病院などでうつ病と診断されたら薬での治療を行うことが多いです。そして何よりも休息が大切です。場合によっては職場の配置転換を願い出たりうつ病の治療で休職も必要となるかもしれません。心が疲れ切った状態なので思い切って仕事を休む事が必要です。

 

 

同時に職場でのストレスへの対処の仕方を学びます。生真面目で責任感の強い人ほど職場でうつ病になり易い傾向にありますので症状で仕事に支障がでる場合は休職が必要です。それは自分に厳しく完璧を目指してしまうからですのでうつ病の治療で休職するのはかなり効果が期待できます。

 

 

また、仕事が上手くいかなかった時に自分を責めすぎる可能性も高いです。それは素晴らしい人なのですが、それ故にストレスも感じ易くなります。思い切って休職して生き方や考え方の改善をするのも良いでしょう。

 

 

うつ病治療の認知行動療法

うつ病治療の認知行動療法(CBT)とは、うつ病患者の方の物事に対する考え方や、受け止め方を改善させることによって、気持ちや行動をコントロールしていく療法です。うつ病の治療方法として、薬物療法と併行して医師の指導のもとに行なわれる治療法となります。

 

 

うつ病を発症した場合には、物事を否定的に受け止めたり、悲観的に考える傾向が強く、自分自身でストレスを増やしてしまう場合が多いので、認知行動療法は有益な治療法となります。

 

 

 

人間は、心理的な苦痛を感じている場合には、思考能力が柔軟性を欠いてしまい、認知が歪んだものになる傾向があります。うつ病の患者さんは、漠然とした不安やストレスなどを抱えており、その原因がわからないことによって、さらに気分が落ち込んでしまうという負の連鎖状態の中にあります。

 

 

うつ病治療の認知行動療法では、臨床心理士などの心理療法のプロと面接し、患者さん自身に憂鬱になる原因は何であるかを把握させ、そのような状況の場合にはどのように対処したらいいのかを、認識させていきます。

 

 

マイナス思考になる感情の原因をつきとめて、どのように対処すれば、その感情を和らげることができるのかをノートに書き留めていきます。そのノートを反復して見ながら、自分自身にプラス思考の感情を言い聞かせていくという治療訓練方法となります

 

 

うつ病治療の認知行動療法は自らの感情をしっかりと把握して、漠然とした憂鬱や不安の原因を本人が認識し、自分の考えを前向きに変えていき、うつ病の症状を改善していくという治療法となります。

 

 

軽度のうつ病の場合には、薬物療法よりも認知行動療法が、優先される傾向にあります。また、認知行動療法は、健康保険の対象となっています。

 

 

有名人のうつ病の治療

2010年に有名人の岡村隆史はうつ病の治療で5カ月間の休業をしました。かなり重症のうつ病であったと聞いています。

 

 

岡村隆史さんは日常の生活でどのような症状が出ていたかというと、まずはとにかく眠れなかった、一睡もできなかったそうです。

 

 

仕事においては採用したネタの葉書がどれなのかわからなくなってパニックになってしまう。サインもできなくなってしまったそうです。

 

 

病院を訪れた岡村隆史さんはうつ病であると診断されました。仕事はドクターストップとなり、入院治療をすることになりました。

 

 

岡村隆史さんは元来がとてもおとなしく、内向的で人見知りをする性格であるそうです。生真面目な性格が彼本来の気質です。つまり素因として、うつ病にかかりやすいタイプの性格であると言えます。

 

 

ただでさえそのような因子があるところへ、仕事はバラエティー番組のキャラクターなので無理やりにでもハイテンションな状態にならなければなりません

 

 

岡村隆史さんは毎日その切り替えをしていたわけで、そこには半端ではない落差があったと思われます。そればかりではなく、常に「もっと頑張らねば」と自身に言い聞かせていたようですのでうつ病を発症しやすい状況にありました。

 

 

岡村隆史さんは休養をするという大きな決断をしました。通院ではなくて、思い切って病院に駆け込むという判断がうつ病の治癒につながりました。

 

 

うつ病が重い症状になってしまったら、とにかく休養をとることが大切ですが、それをしないままに治療を引き伸ばしてしまうと最悪の結果となってしまうこともあるわけです。

 

 

岡村隆史さんは復帰した後にこのように述べています。「休養して理解したことは、自分が周囲の数多くの人たちに助けられていることです」「それまでは自分を徹底的に責めていたけれど、そうではないと思えるようになった。自分だけが悪いのではないと感じるようになった」

 

 

岡村隆史さんはうつ病の治療をすることで徹底的に自身の体を休ませた結果、元気に復職することができたのです。しかしこの方法は時間がとてもかかります。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止となりました。