うつ病の動悸の薬

うつ病の動悸の薬

うつ病の症状のひとつに、「動悸」が挙げられます。通常、動悸というものは、急激な運動を行なったり、階段を上ったりした時などに、心臓がドキドキ動く状態のことなのですが、うつ病の動悸の場合には、何もしていなくても心臓がドキドキします。

 

 

その原因については、現在のところ、はっきりと解明されていないのですが、自律神経のコントロールが乱れることによって、発症すると考えられています。

 

 

自律神経のコントロールが乱れると、動悸のほかにも、頭痛や胃腸の不快症状、肩こりといった、うつ病の症状が現われます。うつ病の動悸の薬で抗不安薬があります。うつ病に由来する動機の場合に抗不安薬を服用すれば、しばらくすると落ち着いてきます。

 

 

うつ病というのは、総じて精神にかかわる病気となりますので、安心するということが一番の薬になります。ゆえに、安心できる環境を確立するということが、うつ病の動悸を抑える有効な方法となります。

 

 

自律神経が乱れた状態とは、交感神経が過剰に働いた状態のことです。交感神経は、過剰に働き出すとクセになってしまいます。

 

 

交感神経の働きを抑えるために処方されるのが、抗不安薬、いわゆる精神安定剤となります。うつ病の動機の方には、抗不安薬と併せて、抗うつ薬が処方される場合があります。そして、病院で抗不安薬として処方されることが多い薬が、デパスとなります。

 

 

デパスの作用時間は短く、6時間〜10時間程度となります。服用量は、一般的には、1日3回、1回0.5ミリとなっています。動悸以外のうつ病の症状で非常に強い不安感がある場合に、抗うつ薬と併用して飲むように指示されます。

 

 

1回服用すると、次の服用までに6時間以上の間隔を開けるように指示が出されます。また、デパスには、筋肉を柔らかくほぐす作用もあり、肩こりにも使わる薬なのです。

 

 

もしあなたやご家族の方がうつ病や動悸の症状で悩まれて薬以外の方法で治したいなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<