神経症の原因

神経症の原因

神経症の原因ですが、神経症の中核には、強い不安感や恐怖、あるいは耐え難いストレスが存在しています。ただ、それがどのように神経症の症状に繋がるのかはまた、よく分かっていません。

 

 

最近注目されている神経症の原因としては、脳の神経伝達物質のセロトニンが関係していると言われています。

 

 

神経症になりやすいタイプは、神経質で心配性な性格の人や、完ぺき主義で、細部にとらわれすぎて全体を大きく捉えられない人、頑固で柔軟性に乏しい人、空気が読めずに周囲の人の気分を害しやすい人などです。

 

 

さらに、潔癖症で自分に自信が無い人、失敗や間違いをすることを過度に恐れる人、依存心が強い人、なども神経症になりやすいタイプの人に挙げられ、こうした性格である人ほど、神経症になりやすいと言われています。

 

 

神経症の原因は、心理的なものが大きく関わっていて、不安神経症などは、特に心理的なものが大きいと言えます。

 

 

神経症の原因で一番考えられるのが、悩みやストレス、ショックな出来事などの精神的原因、そして、過労や体調不良、睡眠不足などによる身体的原因です。これら両方の原因がきっかけで神経症になることもよくあります。

 

 

このような神経症の症状でお困りの方は自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症改善DVDがおすすめですので当サイトのトップページか、以下のリンクから詳細をご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<