躁鬱病とは

躁鬱病とは

躁鬱病とは気分が異常に高揚する躁状態と憂鬱な気分になる鬱状態を繰り返す脳の病気で、正式には双極性障害といいます。

 

 

躁鬱病には激しい躁状態と鬱状態を繰り返す双極1型と軽い躁状態と鬱状態を繰り返す双極2型の2種類があります。

 

 

2型の方が症状が軽いので社会的問題は少ないですが、2型の方が症状をコントロールしにくくて鬱病を再発しやすいという特徴があります。

 

 

躁鬱病は世界的には100人に1人の割合でかかるとされていますが、日本では500人に1人の割合でかかるという調査結果があります。ただし、躁鬱病の研究結果はまだ少ないのが現状なのではっきりとはわかっていません。

 

 

躁鬱病は男女差など性別によるかかりやすさはありませんが、20代から30代前後の人にかかりやすい傾向があるとされています。躁鬱病の直接的な原因となる特定の遺伝子は発見されていませんが、ストレスに対する耐性などの発症しやすい体質は遺伝することもあると考えられています。

 

 

ただし、血縁者に躁鬱病の人がいるからといって必ずしも自分も躁鬱病になるわけではなく、むしろならない可能性の方が高いです。

 

 

躁鬱病の患者の多くは最初は鬱状態で受診しますが、その後に躁状態を発症することで躁鬱病と診断されます。躁鬱病の治療は気分安定剤や抗精神病薬などによる薬物治療や心理教育や認知療法などによる心理社会的治療が行われるのが一般的です。

 

 

躁鬱病は再発しやすい病気なので治療せずに放置していると多くの場合は再発を繰り返します。再発を何度も繰り返すと社会的信用を失ったり人間関係に支障をきたすことがあります。

 

 

しかし、長期にわたって適切な治療を続ければ症状を抑えて普通の生活を送ることが可能です。また、早期に治療を始めればそれだけ回復も早くなるので少しでも疑いがあれば早めに病院などで診断を受けることも大切ですが、もしあなたが躁鬱病などで悩まれているなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<