若年性うつ病とは

若年性うつ病とは

厚生労働省の調査によると、うつ病患者数は50万人をゆうに超え、年々増加傾向にあります。うつ病と一口に言っても実に様々に分類されており、新型うつ病をはじめ、現代型うつ病、さらには若年性うつ病なる種類も近年では増えていますが、若年性うつ病とはどのような鬱病なのでしょうか。

 

 

一般的なうつ病の特徴としては、自己中心的で他人に対する配慮が欠ける・問題が起きた場合に責任転嫁する・自分の好きな事にのみやる気が見えるなどの特徴が挙げられています。

 

 

従来型のうつ病では、真面目な性格で几帳面、さらに責任感が強い方が発症しやすい傾向にあり、一般成人の場合、長期休養を取得した後にメンタル面で気落ちしてしまいやすく、周囲に気を配ってしまい、逆に症状を悪化させやすいケースが挙げられています。

 

 

その中で、20代から30代に増加しているのが若年性うつ病と呼ばれる新型で、その特徴が自己中心的で他者への配慮が欠けるなどの状態や、うつ病で休職する抵抗がなく、逆に手当などの社内制度を上手く利用したい考えが働くなど、従来型の鬱病とは真逆の特徴が挙げられています。

 

 

若年性うつ病とは、社会的に未熟な性格の方が発症しやすい傾向にあり、組織全体で支援が必要となります。従来型のうつ病同様、若年性うつ病では変化に気付くためのコミュニケーションが重要です。例えば、明らかに遅刻や欠勤が多く、仕事でミスが増えるなど、メンタルヘルス不調の兆候は些細な変化から始まっています。

 

 

プライベートよりも仕事面で変化が起こるケースが若年性うつ病で非常に多く、人間関係はもちろん、仕事内容で重要なポストを任されるなど、若さ故に経験が少なく、対処しきれないことからストレスを感じてしまいやすく若年性うつ病を発症してしまいます。周囲が目を配る必要があり、プライベートを侵さない範囲で親身になって対応することがサポート役のできる携わり方です。

 

 

もしあなたが若年性うつ病などのうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

>>金本博明の自律神経失調症改善DVDはこちら<<