うつ病のチェック方法

軽度うつ病のチェック

気分が落ち込んでしまう事は頻繁にあります。辛い事や嫌な事があれば人は誰でも落ち込みます。しかし少しの間だけです。気晴らしをして気分を盛り上げます。大抵はその繰り返しで何とか過ごしているのです。 しかしいつものように気分転換が出来ずにずっと落ち込みが続く事があります。

 

 

そして無気力になったり食欲もわかないような事が出てきたらまず軽度のうつ病かチェックした方が良いかもしれません。早い段階のチェックならうつ病だとしても軽度です。病院で相談するのもいいです。病院に行く前に自分の状態が軽度のうつ病かをチェックしておくのも良い手です。近年心の健康は身体の健康と同様に注目されています。

 

 

書店に専門の本も置いてありますし、インターネットなどで心の状態など軽度のうつ病をチェック出来るサイトもあります。そのような物で自分の状態を知っておくと問診の時に話をし易くなります。その他気になる事があれば書き留めておくと良いです。

 

 

診察時には緊張してしまい話そうと思っていた事を忘れてしまったというのはよくある話です。しかも今回は心が疲れている状態での受診です。メモを見ながら話すのは大いに助けになります。

 

 

治療前にうつ病で苦しんだ時間が長いほど治療開始から完治までには時間がかかると言います。つまり症状を自覚してから病院に行くのは早い方が良いという事です。

 

 

病院に行くのを悩んでいると時が経ちそれだけこじらせてしまいます。うつ病という心の病気と診断される事を恐れて病院に行くのを遅らせているのかもしれません。

 

 

しかしストレスの多い世の中では誰でもうつ病となる可能性はあります。うつ症状が軽度であるうちに一人で悩まず専門家の所でチェックを受けに行きましょう。

 

 

毎日の生活の中で出来る事は自分の心の状態を日々チェックする事です。そして軽度のうつ病なら無理せず悩まずに時には自分を甘やかして気楽に過ごすのが一番です。

 

 

新型うつ病のチェック

うつ病とは日々のストレスや疲れが蓄積され、それが発端で引き起こされる精神的な病のことです。精神的に不安定な状態が続き、身体的にも症状が現れることがあります。

 

 

こうした状態がさらに悪循環を招き、日常生活に支障が出てくるようになったり、自殺願望が出てきてしまうこともあるのです。もちろん、すべてのケースがそうなるというわけではありませんが、少しでもその症状を感じたら早め早めに対処していく必要があります。

 

 

うつ病の中でも最近注目されているのが新型うつ病というものです。自分が新型うつ病かチェックするにはまずその症状を知る事から始まります。

 

 

新型うつは通常のうつ病とは違い、その症状がわかりにくいのが特徴です。例えば、自分の好きなことに対しては積極的に、さらに意欲的に取り組むことができるのに、嫌いなことになると急に体に不調が現れるのが新型うつ病のチェックポイントです。

 

 

仕事の日は不調なことが多いのに、休日になると元気になるので、一見するとただの怠けのように取られてしまいます。本人としてはその症状が本当につらく、治療が必要なのにも関わらず、周りの理解を得られにくいことから医療機関を受診するのが遅れ、さらに症状が悪化しやすくなってしまうのです。

 

 

こうした新型うつの症状はチェックや診断で早期発見して対策が早ければ早いほど問題を軽減していくことができます。特に、うつ病の症状は慢性化することによって互いに悪循環を招き、自然治癒することが難しくなります。

 

 

新型うつ病はより専門的な医療機関で、それぞれのケースにあった治療を進めていくしか解決することができないのです。

 

 

最近疲れが取れなくなっている、気分のむらが激しいなど、少しでも気になる点がある場合には一度新型うつ病かどうかチェックをしてみるのがオススメです。

 

 

うつ病のセルフチェックテストはネット上で簡単に行うことができますし、自身の精神状態を知る良い切っ掛けとなります。例えうつ病でなかったにしてもチェックしておくことに損はないのです。

 

 

大学生のうつ病のチェック

現代社会においては、日本だけに限らず世界的に見ても、うつ病と診断される人が増えており、特に先進国では深刻な社会問題にまで発展しているところも多いです。

 

 

うつ病に悩まされているのは、社会人だけではなく、大学生でも多く見受けられる傾向にありますので大学生のうつ病のチェックも必要です。

 

 

大学生は、うつ病以外にも総合失調症という心の疾患を発症しやすい年頃でもありますので、より一層メンタル面での健康に注意をすることが大切です。では、大学生のうつ病をチェックするためにどのような症状があるのか見てみましょう。

 

 

まず先述したように、大学生の年代では様々なうつ病や精神疾患にかかりやすい年齢だということを理解しておく必要があります。

 

 

大学一年生は、高校から大学へと進学することで大きな生活変化がありますし、大学三年からは就職活動もしなければいけません。また、卒業論文も同時に行わなければいけないため、精神の健康を知らず知らずのうちに損ねていっている場合が決して少なくありません。

 

 

しかし、精神疾患の特徴として、初期段階では精神疾患を発症していても本人が自覚することは困難なことが多く、また周りの人も気づかないという場合もあります。しかし、精神疾患になったときは、早めにチェックで気づき、対処することが重要です。

 

 

大学生のうつ病でチェックしたい主な初期症状としては、抑うつ気分と睡眠障害が挙げられます。抑うつ気分というのは、なんとなく憂鬱だったり、意味もなく悲しくなり涙が出たり、その逆にイライラしたりする症状です。

 

 

もう少し症状が進むと、これらの症状に加えて食欲が無くなる、もしくは食欲がとめられない、何に対しても興味がなくなる、疲れやすいなどが見られるようになります。さらに、自殺願望を持つようになる大学生もいますが、これはかなりうつ病が進行していますので早めにチェックして対策する必要があります。

 

 

うつ病を唾液でチェックする方法

うつ病の症状の特徴としては、気分が落ち込んだり悲しい気持ちになったりなどの抑うつ気分をはじめとして興味や喜びを喪失した結果何をする気もならなくなる状態が長期間続くことを特徴とします。原因となっている問題を解決した場合においてもそのような状態が続いてしまいます。

 

 

うつ病がどうして起こるのかについては、まだまだ医学的には研究段階ではっきりと解明されているわけではありません。この病気のやっかいな点としては、外から見た場合には単に気分が沈んでいるだけの状態のときと見分けがつきにくく誤解を受けやすい点にあります。

 

 

うつ病かどうかをチェックするにあたってはいくつかの方法がありますが、最近ではうつ病を唾液でチェックする方法があります。これは唾液を摂取して唾液に含まれる成分からうつ病かどうかを診断する方法です。

 

 

どうして唾液からうつ病かどうかチェックできるかについてですが、強いストレスが人間の身体にかかると副腎皮質と呼ばれる部分からコルチゾールというホルモンの一種が分泌されます。採血することでコルチゾールの血中濃度を計る方法もあります。

 

 

この方法でははっきりと数値に表れやすいというメリットはありますが、しかし検査するのに採血をその度に行うことは採血をする側とされる側両方に負担がかかることになります。

 

 

そのため、代替の方法として唾液からコルチゾールを採取することでうつ病にかかっているかどうかをチェックする方法がとられました。この判断方法のメリットとしては、検査手順が非常に楽で簡単に行うことができる点で優れています。

 

 

また、唾液からストレスの状態をチェックすることもできます。唾液中に含まれるクロモグラニンAと呼ばれる物質は安定性があり副腎皮質からアドレナリンと一緒に放出されます。そのため、アドレナリンがどの程度放出されていたかをを推量しやすいです。

 

 

現在では唾液の採取キットもあり、自分自身でうつ病かどうかをチェックすることも比較的簡単にできます。

 

 

うつ病を血液でチェック

近年、うつ病と診断される人が大人、子ども関係なく増えてきました。うつ病というと、一昔前までは、こころの病についての正しい認識がなかったため、多くの精神疾患の患者さんたちが社会の偏見に苦しんできた背景があります。

 

 

しかし、最近では医療の発展に加えて、メディアで取り上げられる機会も増えたため、一般の人でも理解を示す人が増えてきている傾向が見られます。しかし、やはり一番大切なことはうつ病にならないこと、そしてもしなってしまっても早期に発見し治療を開始することです。

 

 

最近では、うつ病を血液でチェックするだけである程度分かるようになっており、医療機関で検査をしてもらうことが可能です。

 

 

人は自分にとって大切な人をなくしてしまうと、健康を損ねて、最悪の場合寿命すら縮めてしまうということが昔から知られていました。また、うつ病にかかると血液の中にある免疫力が低下するということも分かっていました。ここが血液でうつ病かチェックできるポイントです。

 

 

これはつまり、精神が病んでしまうと体にも不調が起こるわけで、その原因は血液の免疫力が下がってしまうからだと分かってきたということです。

 

ここから、実際には血液のどの物質がうつ病と関係しているのかという研究が世界各地の研究所で行われ、ついにリン酸エタノールアミン(PEA)と呼ばれる物質がうつ病になると極端に少なくなるということが判明しました。

 

 

現在では、血液検査でこのリン酸エタノールアミンを調べることで、健常者、パニック障害、適応障害、うつ病をチェックして区別することがおよそ9割ほどの確率で可能となっています。

 

 

病気を完治すると、このリン酸エタノールアミンの値が少なくなっていた人でも、健康な人と同じくらいまで増えるということも分かっています。

 

 

もしあなたがうつ病でお悩みなら自宅で改善できる大阪市住吉区我孫子のかねもと鍼灸整骨院の金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善DVDがおすすめですのでご興味のある方は当サイトのトップページか、以下のリンクをご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

しかし、残念ながらこの金本博明のうつ病・自律神経失調症改善プログラムは販売中止するとのメールが9/12に送られて来ました。

 

 

 

そこで、他にも大変おすすめのうつ病・自律神経失調症改善プログラムが3つありますので以下のリンクからぜひご覧下さい。

 

 

 

 

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

 

 

 

・試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。(1年間サポート・全額返金保証付)

 

 

 

・石丸式 東洋医学の自律神経失調症改善DVD